タイラバ釣行:植田マスオ氏による研修会【大分県・ブルーホーク】

タイラバ釣行:植田マスオ氏による研修会【大分県・ブルーホーク】

7月28日、今回は大分市の細港から出船するブルーホーク主催で、ダイワのタイラバテスター植田マスオさんによる釣り研修会に参加した。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

まずはレクチャーから

午前5時30分に出港し、佐賀関沖までの釣り場まで約30分で到着。

釣り開始前、まずは船上で植田さんから釣り方に関する丁寧なレクチャーを受ける。皆さんしっかり聞いている様子で、それを聞いたら釣れる気しかしないようなテンションになったようだ。

数投目で早速ヒット!

タイラバ釣行:植田マスオ氏による研修会【大分県・ブルーホーク】タックル図

レクチャー後にそれぞれ準備にかかる。最初は水深60mくらいの根の荒い場所で釣り始める。

ちょうど上げ潮の激流と二枚潮で釣りにくい状況だったので、通常より重い140gくらいのタイラバを落とす。

底を取ったら根掛かりを避けるため、すぐにやや速いスピードで巻き上げる。底から20mくらいまでを狙うと、早速数投目でコツコツとアタリがでた。

緩めることなく、そのままのテンションで巻いているとしっかり食い込んだのでそのままやり取り開始。

次ページで上がってきたサイズは?

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。