船ジギング釣行:良型ハマチにマダイにアコウ!【大阪府・シーライド】

7月末、大阪・泉南から出船しているジギング船シーライドで青物を狙いに紀北エリアへ行ってきた。フラッシャーサビキで大アジ、ジギングでハマチを狙う作戦だ。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

まずは大アジ狙いから

明石のハマチがおいしいが、こちらのエリアも同じくとてもおいしいハマチが釣れている。さらに、45cm以上の大アジも釣れる日があったり、タイラバをやっている船ではマダイも好調のようだ。

朝8時ごろ出船し、最初は大アジ狙いのポイントへ船を走らせた。
アジはジグでも狙えるが、刺し身に塩焼きになめろうに…食べたい料理が多くあるため、フラッシャーサビキで連掛けを狙う。

潮の動きも鈍い時間帯で、オモリ60号、ハリス4号に12号のフラッシャーサビキを使用した。PEライン1.5号でハマチ狙いで使っている軟らかめのジギングタックルにセットする。

底を重点的にフォールを入れながら探ってみる。小ぶりのイサギと豆アジは掛かるが本命の大きいアジがこない。

ハマチ狙いへチェンジ

潮が動き出したタイミングになりハマチポイントへ移動をする。同じポイントで大アジもいる場所なので、期待を持って釣る。 水深は50~20mのカケアガリを狙う。アップダウンが激しいため、根掛かりも多い。

1流し目。180gのショートジグをセットし、底に着いて少し速めのワンピッチで8mほど上げてきた所で、ググンと魚が乗った。 たまにたたいており、雰囲気がハマチではなさそう。

ワクワクしながら上げてくると、40cmのきれいなマダイ。ポイントの範囲が狭いため、すぐに船を着け直す。

次ページでようやくハマチ登場?!