伊藤さとしのプライムフィッシング【グルテンセットの極意:第4回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【グルテンセットの極意:第4回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。テーマは「グルテンセットの極意」。今回は宙釣り・底釣りそれぞれのブレンドについて考えてみる。ただバラけさせればいいでは、この釣りは成立しないぞ。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

底釣りのバラケ

前回では上エサ、つまりはバラケをあまり開かせるなと指南を受けました。ですが基本的にはセット釣りなのですから、ある程度のバラケ性は必要ですよね。そこで質問なのですが、バラケのブレンドはどのようなブレンドがオススメですか?

伊藤 さとし

「底釣りであれば、もろに両ダンゴの延長線でかまわないよ。たとえば”夏・冬・マッハ”とか”夏・冬・ペレ底”。『粒戦』系を使いたいなら”冬・粒”とかね。ただし『粒戦』(ノーマル)を使う場合は、入れ過ぎに注意。『ダンゴの底釣り芯華』であれば『バラケマッハ』との相性もいい。また『ダンゴの底釣り芯華』に『粒戦』を入れても面白いね」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【グルテンセットの極意:第4回】底釣りはかなりダンゴチック(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

つまり、いずれにしても粒子が細かい系、または比重があってバラけない『粒戦』を混ぜるのが効果的なわけですね?

伊藤 さとし

「底釣りに関してはね。さらに言うと、アタリが続くようなら両グルテンに切り替えて、時どきバラケを併用するといいだろうね」

 

バラケの入れ過ぎには注意ということですね。

伊藤 さとし

「宙と違って底釣りの場合は、底にエサがどんどん溜まっていくからね。活性がある時ならエサが溜まらずに食い尽くされてしまうだろうけど、厳寒期にそのような状態になると、こぼれたバラケばかりを食べて、肝心の食わせエサを食ってこなくなっちゃう。つまりは、魚がいるのにアタリを出さない状態になりかねない」

 

宙釣りのバラケ

では、宙釣りはどうでしょうか?

伊藤 さとし

「宙釣りなら、ほぼほぼ終始セットで打つことになるだろうね。新ベラが寄りきった状態なら両グルテンもありだけど、今の時期はそうもいかないだろうから」

 

ブレンドは?

伊藤 さとし

「そうだなぁ、いろいろあるけど『バラケマッハ』と『段差バラケ』の組み合わせがいいんじゃないかな」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【グルテンセットの極意:第4回】バラケの代表的な使用銘柄(作図:週刊へらニュース伊藤さとし)

たった2種類ですか!?

伊藤 さとし

「いやいや、この2種類にプラスして、まとめる役目として『パウダーベイトヘラ』とか『カクシン』『BBフラッシュ』なんかを混ぜるといいだろうね。また狙うタナが深いなら、これらに『ダンゴの底釣り夏』を少量足すとかね」

 

ウドンセットのバラケみたいに『粒戦』+『とろスイミー』みたいなブレンドではないんですね。

伊藤 さとし

「『粒戦』というエサは塊を崩壊させる力を持っているから、グルテンセットのバラケ傾向とは逆行する性質がある。つまりはこれを入れると、かえってエサが難しくなっちゃうと思うよ」

 

基本的には微粒子系を

グルテンセットの基本は、バラケが付いている時のアタリを狙うでしたからね。

伊藤 さとし

「そうなんだよ。底釣りエサのように、まとまり性のいいエサが主体であれば『粒戦』の効果を発揮できるんだけど、宙釣りのエサでそこまでまとまるエサって、そうそうないからね。それと『粒戦』には、魚を食わせエサへと誘導させる役目もある。でもグルテンセットの場合は、グルテンそのものを食わせるのが主眼であって、ウドンセットのような誤飲の釣りではない。そこのところを勘違いしないようにしないと、あらぬ方向にバラケを持っていってしまうことになるよ」

 

なるほど。だとするなら、グルテンセットはグルテンを食わせる釣り。ゆえに、ただ下バリに付いていればいいのでは済まないわけですね。

伊藤 さとし

「そうなんだよ。ウドンだっていろいろ種類を吟味したいけど、究極はハリに付いていることが絶対条件になる。でもグルテンの場合はそれを食わせるのだから、タッチとか大きさとか比重とかまで加味しないといけない」

 

伊藤さとしのプライムフィッシング【グルテンセットの極意:第4回】新ベラなら両グルもあり(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

つまりはある意味、ウドンセットよりもパズルの組み合わせが複雑になるとも言ますね。それでもグルテンセットを選択する意味は、そういう活性だから。

伊藤 さとし

「そういうこと。魚にある程度のやる気があるなら、ウドンセットよりもはるかに勝負が早い。しかも場合によっては、両グルテンにも切り替えられる。これはグルテンセットの強みだよ。逆に活性が低いと見たら、すぐに切り捨てる(ウドンセットに替える)勇気が必要なんだけどね」

 

次回も「グルテンセットの極意」です。

<週刊へらニュース伊藤さとし/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
早霧荘
この記事は『週刊へらニュース』2022年1月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。