【三重】沖のエサ釣り最新釣果 イワシ泳がせで73cm大型マハタ浮上

【三重】沖のエサ釣り最新釣果 イワシ泳がせで73cm大型マハタ浮上

三重県から沖釣り最新釣果情報が届いた。泳がせで73cmマハタに肉厚ヒラメほか豪華な土産を確保した。また、国崎のカワハギ釣りはマヅメにアタリ連発でサオ頭は16匹。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:幸盛丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

三吉丸

三重県鳥羽市菅島の三吉丸では1月16日、朝の時合いで青物が全員にヒット。後半はヒラメ狙いでアタリは少なかったがボウズはいなかった。今後も青物&ヒラメ狙いの泳がせは期待できそうだ。

【三重】沖のエサ釣り最新釣果 イワシ泳がせで73cm大型マハタ浮上泳がせで青物&ヒラメ(提供:三吉丸)
▼この釣り船について
三吉丸
出船場所:礫浦

長栄丸

三重県鳥羽市菅島の長栄丸では1月17日、一日便泳がせで出船。肉厚なヒラメの他、ワラサ、カサゴなどをキャッチ。16日は、前半はそこそこだったものの後半に持ち直し、ブリ、ワラサ、ヒラメ、スズキなどを釣り上げた。イワシを弱らせないためにも、孫バリはシングルフックの方が良さそうだ。

【三重】沖のエサ釣り最新釣果 イワシ泳がせで73cm大型マハタ浮上肉厚なヒラメほかキャッチ(提供:長栄丸)
▼この釣り船について
長栄丸
出船場所:赤碕岸壁

第八幸丸

三重県鳥羽市国崎の第八幸丸では1月10日午前便カワハギ釣りでマヅメ時によくアタり、2人が11匹上げサオ頭に。9日午後便カワハギ釣りでは夕マヅメにヒットが続出し、サオ頭は16匹ゲットした。

【三重】沖のエサ釣り最新釣果 イワシ泳がせで73cm大型マハタ浮上マヅメにカワハギ続出(提供:第八幸丸)
▼この釣り船について
第八幸丸
出船場所:鳥羽国崎港

勝丸

三重県鳥羽市国崎の勝丸では1月15日、ヒラメ・青物釣りに出船。朝から活性が高くヒラメ&青物でクーラー満タン。12日にはワラサの食いがよく、いい人は5匹ゲット。また、ヒラメも多くの人が釣り上げていた。ぜひ釣行を。

【三重】沖のエサ釣り最新釣果 イワシ泳がせで73cm大型マハタ浮上ヒラメ多数浮上(提供:勝丸)
▼この釣り船について
勝丸
出船場所:国崎漁港

幸盛丸

三重県志摩市安乗の幸盛丸では、1月16日イワシの泳がせで出船。本命ヒラメのサオ頭は7匹、ほかに大ハマチ、カンパチ、マハタ、カサゴ、オオニベなどゲストも豪華。特にマハタは73cmという大型も飛びだした。

【三重】沖のエサ釣り最新釣果 イワシ泳がせで73cm大型マハタ浮上マハタ73cm登場(提供:幸盛丸)
▼この釣り船について
幸盛丸
出船場所:安乗漁港

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年1月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。