キモ好き釣り女子がオススメする【カワハギの肝を美味しく食べる方法】

キモ好き釣り女子がオススメする【カワハギの肝を美味しく食べる方法】

釣りたてのカワハギを鮮度を保ち持ち帰って肝まで美味しく頂くために釣り場で簡単にできる血抜きと神経締めのやり方を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮部愛美)

宮部愛美

九州メインで一年中釣りをしています。ショア、オフショア魚種問わず何にでも興味津々です!よろしくお願いします!

×閉じる

その他 お役立ち

カワハギの血抜き方法

釣り上げたカワハギは調理ハサミを使ってエラから血抜きをします。エラ上部にある血管を傷つけます。ハサミを入れる角度を間違えると肝を傷つけてしまうので注意。うまく行くと血が出てくるのでわかりやすいです。

ナイフなどを使用して血抜きを行っても良いですが安全と船のデッキを傷つけないためにもハサミの使用をおすすめします。

ハサミを入れて血が出てきたらバケツに海水を汲んだ中で泳がせて血抜きをします。しばらくするとバケツの中は真っ赤になり血が抜けたことがわかります。

船によってはまな板を用意してくれている所もあります。ナイフの場合はエラからエラにナイフが抜けるように差し込みます。

神経締めの方法

0.8mmの神経締めワイヤーを準備します。カワハギの目の先端に鼻の穴があるのでそこからワイヤーを尾びれまで通します。鼻から目の後ろを通り目玉が動く所がポイントです。うまく入らない時はワイヤーの角度を変えてみてすっと入る所を見つけてみてください。

キモ好き釣り女子がオススメする【カワハギの肝を美味しく食べる方法】ワイヤーで神経締め(提供:TSURINEWSライター宮部愛美)

うまく神経を通るとヒレがヒラヒラと動き魚体の色がさーっと白くなります。他の魚よりもカワハギはあまり暴れたりしないので比較的簡単に締められます。神経締めワイヤーをタックルボックスに一つ忍ばせておくと便利です!締めた魚は氷が直接触れないようにクーラーへ

船上での下処理の意味は?

血抜き、神経締めは魚の鮮度を保つために行います。血抜きは臭みの元となる血を抜くことで腐敗を遅らせることができ、神経締めは魚の脊髄を破壊し魚が暴れるのを防ぎ死後硬直を遅らせることができます。

ちょっとした手間で美味しく鮮度よく持ち帰れるのでおすすめです。

次のページで気になる肝の処理を解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。