ちょっと「可愛い」カワハギの生態 寝る時はおちょぼ口で海草くわえる?

ちょっと「可愛い」カワハギの生態 寝る時はおちょぼ口で海草くわえる?

秋も深まり、冬が近づくころに美味しくなるサカナがいます。それが「カワハギ」。肝が大きくなり、フグに例えられることもあるカワハギの生態について調べてみました。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

カワハギってどんなサカナ?

カワハギは、フグ目・カワハギ科に分類される魚で、成魚は大きいもので30cmほどまで成長します。

国内での生息域は「青森県~九州南岸の日本海・太平洋沿岸、瀬戸内海」北海道以外のほとんどの地域に広く分布しています。比較的浅い砂地に生息し、甲殻類、貝、環形動物などを食べる肉食性の魚です。

カワハギの体はひし形で平たく、色は個体によって青灰色や褐色と異なりますが、淡いまだら模様や黒っぽい縦じまが入っていることが多くあります。

また、カワハギの背びれの第1条と腹びれにはトゲがついています。オスの背びれの第2軟条は糸状に細く伸びているため、オスとメスを見分けるのは簡単と言えるでしょう。

カワハギの捕食方法

カワハギ釣りは、1年間通して楽しむことができますが、実は釣るのは結構難しく、「小さなおちょぼ口」で器用にハリからエサだけを上手に取っていくため「エサ盗り名人」などと呼ばれています。

このエサ盗り名人というのは皮肉などではなく、普段のカワハギの実際の捕食時にも当てはまります。普段のカワハギはというと、海底のエサを一日中探して食べているほどの大食漢です。ただ、エサとなるゴカイやエビなどの甲殻類は海底をひょこひょこと歩いている訳もなく、巧妙に砂や砂泥、岩礁の付着生物などにうまく隠れています。

カワハギは、驚きの方法でこれらを捕食します。まず、海底に向かって口から強い水流を吹きかけ、その狙った部分の砂が舞い上がらせます。そして、そこに隠れていたエサたちが一瞬姿を見せた瞬間に、口を器用に使って海底から引っ張り上げ素早く捕食を行います。カワハギは「エサ盗り名人」以上に「エサ捕り名人」でもあるのです。

地方の呼び名

カワハギという名前の由来は、カワハギを料理する際に体を覆う厚い皮を剥いで料理することから「皮をはぐ→カワヲハグ→カワハギ」になったと言われています。

関西以西の一部の地域ではカワハギの皮は、ツルンときれいにはがせるので、「ハゲ」や「マルハゲ」などかなりストレートな呼び名もあるようです。

ちなみに英名は「filefish(=やすり魚)」で、ザラザラとした皮が名前の由来となっています。

ちょっと「可愛い」カワハギの生態 寝る時はおちょぼ口で海草くわえる?南国のカワハギ(出典:PhotoAC)

寝る時の面白い習性

カワハギは夜釣りではほとんど釣れることが無いサカナでも有名です。というのもカワハギのほとんどは規則正しい生活を送っていることが多く、夜になると寝てしまうためのようです。

また、その時の寝相がとても愛らしいことが近年の研究で明らかになりました。「海藻をくわえて寝る」というのです。岩の影などに隠れながら、波に流されないようにおしょぼ口で海藻をくわえつつ寝るのだそうです。

あまり力強く泳ぐことが出来ないカワハギ独自の工夫と言えるでしょう。

カワハギの旬は2回ある

カワハギは非常に美味しいサカナとしても知られています。多くのサカナは美味しくなる旬が1年を通して1回ありますが、このカワハギに関しては美味しく食べることが出来る時期が1年のなかで2回もあります。

カワハギ釣り自体は1年間通して釣りを楽しむことができますが、カワハギ釣りの全盛期・カワハギシーズンといえば、晩秋~初冬の頃でしょう。この時期のカワハギは、冬に備えてエサを多くとるので、肝臓が特に大きく発達し、「肝パンのカワハギ」とも言われています。カワハギの肝は、脂肪分が豊富で、こってりとした旨味と甘みがあり、パンパンに詰まった肝を使った肝醤油を作って食べるカワハギの刺し身は絶品です。

これが肝が美味しくなる一つ目の旬です。

しかし、カワハギの身自体の旬は、夏頃と言われています。カワハギは夏に産卵するため、産卵を控えた4月~5月は身に栄養を蓄えており、さっぱりとした脂がのって絶品です。歯ごたえのあるコリコリとした食感と上品な甘さのある脂が相まって非常に美味しいです。

濃厚な肝を食べたい場合は秋、さっぱりとした上品な身は食べたい場合は夏を選ぶといいでしょう。

ちょっと「可愛い」カワハギの生態 寝る時はおちょぼ口で海草くわえる?肝と食べると最高に美味(出典:PhotoAC)

次のページでカワハギは飼育簡単で人にも懐く?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。