木曽川ウェーディングゲームで想定外の76cmヒラメ 子供の笑顔に満足

木曽川ウェーディングゲームで想定外の76cmヒラメ 子供の笑顔に満足

大潮を狙って三重県桑名市の木曽川に釣行をした。シーバス狙いのウェーディングだったが、なんとまさかの座布団ヒラメがヒット。大興奮の釣りをリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

ベイトの気配濃厚&強烈なバイト

今回はビッグシーバス狙い。サヨリの群れがたくさん泳いでおり、時折水面がざわつくがルアーをキャストしても全く反応がなく、時間だけが過ぎていった。潮止まり間近になり、突然ルアーにベイトが当たる感触が。恐らく水面から水中に移動したベイトが、ルアーを泳がせる層と一致したためだろう。

こうなると、いつバイトが出るか分からない。ロッドを持つ手に力が入る。速いリトリーブでは反応がないため、スローリトリーブに変えた。しかし、反応はまだない。ならばルアーのカラーチェンジをしていくと、突然ガツッと反応が出た。

すぐにアワセを入れると、すごいパワーでラインを出していく。ランカーシーバスならエラ洗いはしない。今回の魚も水中で暴れるだけで、エラ洗いをしない。きっとランカーシーバスに間違いないと、丁寧なやり取りで手前まで寄せた。

76cm座布団ヒラメ降臨

その時、水面から飛び上がる魚。今までと何かが違う魚との戦い。いったい何が掛かったんだとライトを照らした瞬間、正体が分かった。同時に体が震えてくる。

私の目に映る巨大な魚、ドキドキしながらランディングする。Lサイズのネットに入るかと心配するほどの大きなヒラメだ。無事にランディングに成功した。いったん釣りをやめて岸に上がり、興奮する気持ちを抑えながら計測する。

木曽川ウェーディングゲームで想定外の76cmヒラメ 子供の笑顔に満足76cm座布団堂々浮上(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

前回は65cmのヒラメ。今回はなんと76cmもある。仲間も釣りを中断して祝福してくれた。70cmを超えるヒラメを座布団と言うが、初ヒラメが小座布団、2匹目が座布団という驚きの釣果が出たことに、私自身驚きを隠せない。

木曽川ウェーディングゲームで想定外の76cmヒラメ 子供の笑顔に満足この口でルアーをがぶり(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

その後も上げ潮まで挑戦したが、反応がなく納竿とした。クーラーボックスに入れるのもひと苦労するほどの大きなヒラメを持ち帰り、朝になって子供たちが起床。魚を見せると目を大きくして驚いていた姿を見て、私は大満足。

豪華ヒラメ料理を堪能

夜は豪華すぎるほどのヒラメ料理を堪能した。料理を夫婦で作る時、いつも料理をしてくれる妻の大変さが分かった気がした。たまには手伝いをしてあげよう。

木曽川ウェーディングゲームで想定外の76cmヒラメ 子供の笑顔に満足豪華過ぎるヒラメ尽くし(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

今回の釣行で使用したルアーはモンスターショット80S。このモンスターショットはサーフでも数多くヒラメの実績があるルアーだ。ルアーボックスに忍ばせておくと、強い武器になるかも。

木曽川に釣行する際は、流れが速いため必ずライフジャケットを着用していただきたい。

<週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
木曽川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年12月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。