船カワハギ釣りで動かない潮に苦戦 待望の本命との対面に歓喜

船カワハギ釣りで動かない潮に苦戦 待望の本命との対面に歓喜

相模湾・長井の儀兵衛丸へカワハギ釣りに行ってきました。当日は大潮なのに潮が動かず、船中ポツポツと拾い釣りの釣況のなかで、集中して釣りを続けて型を見ることができました。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・石坂衣里)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

儀兵衛丸でカワハギ狙い

カワハギ釣りは、数年前に少しだけやったことはあるけれど、アワせるのが苦手な私に釣れるかな?まだ薄暗い6時ごろ船宿到着。受け付けで船長と女将が明るく出迎えてくれました。

船カワハギ釣りで動かない潮に苦戦 待望の本命との対面に歓喜相模湾長井港略図(作図:週刊つりニュース関東版 神奈川・石坂衣里)

タックルと仕掛け

早々に儀兵衛丸に乗り込んで釣りの準備。竿は「ステファーノSS」MH180、リールは「ステファーノSS」100HGの組み合わせ。オモリ30号に3本バリ仕掛け、シルバーの集寄を付けてみました。

船カワハギ釣りで動かない潮に苦戦 待望の本命との対面に歓喜当日の仕掛け(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・石坂衣里)

エサにひと工夫

エサは持参した「剥きアサリ」に「ヌルとり5」と、食いがよくなる「バクバクソルト」を振りかけ用意完了。

船カワハギ釣りで動かない潮に苦戦 待望の本命との対面に歓喜エサをひと工夫(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・石坂衣里)

アサリエサは、1)水管にハリを刺す、2)ハリを回転させながらベロ(アサリの足の部分)のなかへ、3)キモ(黒いワタ)にハリ先を止めるセオリー通り丁寧に装餌。

難敵カワハギに全集中

定刻の7時に出船、10分ほどで長井沖のポイントへ。船長から「水深9m」のアナウンスで釣りスタート。予習してみると、いろいろな釣り方があって、その日の効果的な誘いを見つけるのがコツみたい。聞きアワせたり、叩いたり。仕掛けをたるませたり、オモリを少し浮かせたり…。

ドキドキの1投目は聞きアワせる釣り方でチャレンジ。オモリを海底まで落として、底に着いたらゆっくりと竿先を持ち上げながらアタリに集中。

しばらく試してアタリがなければ仕掛けを回収、エサが取られていないか確認します。

エサは新鮮なほうがいいので、つねに気をつかいながら交換。続いて叩く釣り方で誘ってみたり、仕掛けをたるませてみたりしたけどアタリなし。反対舷の人が「大潮なのに潮が動いてないな~」と独り言。

ポツポツ拾い釣り

アタリがないとポイント移動。今度は水深20m前後を狙います。しばらく流していくと、周りでポツポツと上がり始めました。

船カワハギ釣りで動かない潮に苦戦 待望の本命との対面に歓喜ポツポツ拾い釣り(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・石坂衣里)

「私も釣り上げたい」と、願いながら竿先に全集中。すると、プルルンッとアタリ。アワせると反応が消えます。

そこで、仕掛けを落とし直すと、再びプルルン。釣れてきたのはゲストのトラギスで残念。気を取り直してエサ付けして投入。

このあと、船中あちこちで本命が取り込まれていくなか、私だけ釣れない(泣)。アワせるタイミングが遅いとわかっているので、アタリがいつきてもいいようにスタンバイ。

船カワハギ釣りで動かない潮に苦戦 待望の本命との対面に歓喜アベレージサイズ(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・石坂衣里)

次のページでついに本命登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。