『ブリ大根』改め『ヒラマサ大根』レシピ ブリ以外でも成立する?

『ブリ大根』改め『ヒラマサ大根』レシピ ブリ以外でも成立する?

大根と一緒に煮込む青物といえばブリが定番ですが、今回はブリではなくヒラマサと大根を一緒に炊いてみたいと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

宮崎逝之介

メインフィールドはオフショア。魚を求めて各地の海に足を運んでます。 ブログ『信州海釣り班 tsuritabel』管理人。ぜひブログ・インスタものぞいてみてください。

×閉じる

その他 レシピ

ヒラマサの定番料理

青物代表ともいえるブリは、食卓でも人気があり、「ブリ大根」「ブリの照り焼き」「ブリしゃぶ」など定番メニューが豊富です。

一方、最近釣りのターゲットとして人気急上昇中のヒラマサは、味はブリ以上という評価はよく耳にするものの流通量が少なく、一般的にはなじみの少ない魚種のせいか定番メニューとなると答えに窮するのではないでしょうか。

実際には、ブリで可能な料理であれば、すべてヒラマサでも同じように成立します。もちろん「ヒラマサ大根」も成立します。

ネットなどレシピを検索する場合は「ヒラマサ」だけではなく「ブリ」のレシピを調べるのもひとつの方法です。今回は「ブリ大根」ならぬ「ヒラマサ大根」を作ってみたいと思います。大根だけではなく煮汁が浸みるとおいしい豆腐も一緒に炊いてみたいと思います。

釣り場での下処理

ヒラマサが釣れたら魚が元気なうちにナイフと海水で血抜きをします。もちろん心得のある方は自分なりのベストの方法で〆ていただければ良いと思います。

『ブリ大根』改め『ヒラマサ大根』レシピ ブリ以外でも成立する?新鮮な状態で持ち帰る(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

血抜きした魚はクーラーボックスにたっぷりの氷や海水氷などで芯まで冷やし、できるだけ鮮度のいい状態で保冷して持ち帰りましょう。

自宅での下準備

包丁やうろこ落としなどでヒラマサの鱗をきれいに落とし、ヒラマサを3枚におろします。皮は付けたまま調理しますので引かないでください。

ヒラマサの身の腹骨をそぎ取り、中骨を残して上身と下身に切り分けます。ヒラマサ大根に使用する分の身を流水でさっと洗い、キッチンペーパーなどで水分を吸い取ります。

次のページでレシピを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。