用水路で淡水小物釣りが面白い クチボソ入れ食いにマブナも顔出し

用水路で淡水小物釣りが面白い クチボソ入れ食いにマブナも顔出し

さいたま市岩槻区の田園地帯を流れる用水路(末田落)にて小物釣りを楽しんできました。田園風景と、秋風に心を洗われつつ、クチボソとマブナに遊んでもらった一時をレポートします。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

尾崎大祐

埼玉県在住。二児のパパで趣味はサラリーマン。釣りをはじめとした食材採取に全精力を注いでいます。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

用水路で淡水小物釣り

さいたま市と越谷市の境目付近、しらこばと水上公園の西側を流れる用水路(末田落)が今回のポイント。釣れる魚はクチボソ(モツゴ)を中心にフナやタナゴも混じります。

以前は淡水小物釣りが好きだった父と一緒によくきたのですが、3年前に他界してからは一度もきていませんでした。今回はそんな思い出のポイントにて久々にサオを出してみようと思います。

タックルと仕掛け

サオは川幅が2m程度あることから、2m前後のもの。ただし、水量によっては近くのホソでも釣れるので1m前後のサオもあると便利です。仕掛けは基本小物中心なのでタナゴ用をベースにした仕掛け。ハリもタナゴバリや袖1号程度がいいでしょう。

エサはおかゆ練やアカムシが実績あります。

用水路で淡水小物釣りが面白い クチボソ入れ食いにマブナも顔出し道具仕立ては小物釣り仕様(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

用水路は水が少ない

ポイントに到着し、周りを見渡すと以前とかわらない田園風景が広がっていました。ホッとしたのも束の間、すぐに用水路の水の量がかなり少ないことに気づきます。

用水路で淡水小物釣りが面白い クチボソ入れ食いにマブナも顔出しポイントの水量はかなり少なかった(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

ちょっと不安になりましたが、実はなんとなく予想もしていたので比較的深くなっているであろう、ワンドの手前に向かって畦道をてくてく歩きます。到着すると、何とか釣りになりそうな位の水が溜まっていました。

用水路で淡水小物釣りが面白い クチボソ入れ食いにマブナも顔出し水深がそこそこある所に移動(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

クチボソが入れ食い

小さなタナゴバリとおかゆ練に苦戦しながら仕掛けを打ち込むと、早速クチボソ特有の元気なアタリ!ウキが勢いよく引っ張られます。魚が小さく、タナゴバリでもハリ掛かりしないケースも多くありましたが、ほぼ入れ食いと言っていいでしょう。楽しい!

用水路で淡水小物釣りが面白い クチボソ入れ食いにマブナも顔出し小さいクチボソが入れ食い(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

次のページではマブナが登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。