落とし込み釣りで87cm7kgヒラマサ頭に青物8尾と大満足釣果

落とし込み釣りで87cm7kgヒラマサ頭に青物8尾と大満足釣果

福岡県糟屋郡・新宮漁港の鯛生丸で落とし込みに。沖はシケのため、近海での釣りとなりましたが、大満足の釣果に、「誘い」の大事さも分かった釣行をレポートします。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・緒方愛実)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

鯛生丸で落とし込み釣り

9月下旬のとある日、午前5時に出船しましたが沖はシケのため、近海での釣りです。船を30分ほど走らせて、相島沖で釣り開始。

水深23mのポイントで、中層から下にベイトの反応があるそうです。最初のベイトはアジでした。ピクピクする振動でアジなのか、またはイワシなのかが分かるようになりました。

アジが付いたので、そのまま底へ落として少し待つとアタリがでましたが、これには食いませんでした。もう一度エサを付け直して落とすと、今度はすぐにアジが暴れ、魚が食いました!あまり走らなかったのですぐに上がってきた1尾目はヤズ。開始早々に釣れてご機嫌です。

ヒラマサ87cmを手中!

次はイワシが付きだしました。2尾目は引きがいい!

青物はこのやり取りがたまりませんね。根に入られないように底から離したら、後は慌てずに巻くだけ。さっきよりもサイズ感はあるなと思いつつ、魚が上がってきたら「デカっ!」と声が出ました。

釣れたのはヒラマサ87cm7kgでした!

落とし込み釣りで87cm7kgヒラマサ頭に青物8尾と大満足釣果ナイスサイズのヒラマサ手中(提供:週刊つりニュース西部版APC・緒方愛実)

最終釣果

その後、アタリはあるけどなかなか魚が食ってくれませんでしたが、さすがは船長。ポイントを変えるとすぐに食いました。

午後2時20分の納竿までにヤズ、ヒラゴ~ヒラマサ、ネリゴと計8尾の釣果。手巻きだったので腕が疲れましたが、大満足の釣果と「誘い」の大事さが分かる釣行となりました。

落とし込み釣りで87cm7kgヒラマサ頭に青物8尾と大満足釣果当日の釣果(提供:週刊つりニュース西部版APC・緒方愛実)

<週刊つりニュース西部版APC・緒方愛実/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
鯛生丸
出船場所:新宮漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年10月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。