ボートでのコマセ釣りでイナダ&ソウダガツオ手中 高活性で快引満喫

ボートでのコマセ釣りでイナダ&ソウダガツオ手中 高活性で快引満喫

10月4日、相模湾長者ヶ崎にボート釣りに出掛けた。仕掛けがナジむ間も無いほどの、イナダとソウダの高活性となり、快引きを楽しむことができたのでリポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・松崎健)

TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

ボートでコマセ釣り

6時半、相模湾長者ヶ崎のボート店に到着。天候は晴れで無風だが、予報では南風が強くなるとのこと。受け付けを終え、7時に引き船で釣り場へ。

約10分で、釣り場となる沖ブイに係留してもらい、コマセ釣りを開始。

仕掛けはハリスがフロロカーボンライン3号6m、ハリはマダイ9号。水深約30m。

ボートでのコマセ釣りでイナダ&ソウダガツオ手中 高活性で快引満喫手漕ぎボートアイテム配置例(作図:週刊つりニュース関東版APC・松崎健)

イナダにソウダと高活性

ビシが着底したらイトフケを取り、底から3mほど巻き上げてコマセを振り出し、さらにハリス分巻き上げてアタリを待つと仕掛けがナジむ間もなくアタって、30cm級ソウダ。

エサ取りが多いなか、飽きない程度に同魚が釣れ続く。上がって来るのはほとんどがヒラソウダで30cm超えは引きが強く面白い。

9時すぎ、それまでとは違う強烈な引きが到来。慎重にリーリングすると、40cm級イナダ。

周囲のボートでもしきりにタモ入れしており活性は高い。

さらに、時折ボイルが起こり、60~70cmシイラが回遊。別艇ではルアーでシイラを仕留め歓声が上がる。

ボートでのコマセ釣りでイナダ&ソウダガツオ手中 高活性で快引満喫それぞれの釣りを楽しんだ(提供:週刊つりニュース関東版APC・松崎健)

最終釣果

11時すぎ、予報通り南風が強くなったため、全艇早めの沖上がり。

私は44cmイナダと32cmヒラソウダをキープし、ほかはすべてリリース。ちなみにソウダ合計15尾ほどだった。

浅場ではルアー釣りでカマスやイナダ、またそれらを泳がせてワラサも上がったようだ。

私もまたターゲットを決めて挑戦したい。

ボートでのコマセ釣りでイナダ&ソウダガツオ手中 高活性で快引満喫筆者が持ち帰った釣果(提供:週刊つりニュース関東版APC・松崎健)

<週刊つりニュース関東版APC・松崎健/TSURINEWS編>

▼この出船場所について
長者ヶ崎
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年10月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。