渓流エサ釣りで渓魚ツ抜け 知識と的確な判断が奏功【埼玉・名栗川】

渓流エサ釣りで渓魚ツ抜け 知識と的確な判断が奏功【埼玉・名栗川】

7月5日(月)、埼玉県飯能市を流れる名栗川支流へ、綺麗なヒレピン狙いで釣りに出掛けた。支流域を数か所回って大満足な結果を出せたのでレポートしよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り 渓流釣り

のんびり現地到着

最近は梅雨時期特有な雨が降り続いており、今朝も強めの雨だったのでゆっくりと支度して名栗へ到着したのは9時30分頃。下流域の様子を見ると本流は増水で釣りにならない水量なので、支流での釣りを考えた。

私が入る支流でも狙う有力なポイントが複数ずつあるが、釣師の入り具合をみて釣場を選ぶ予定である。

今回使用するタックルは4.5m渓流竿に、ミチイト0.6号を2.0mほど結ぶ提灯仕掛けにヤマメ6号針を直結。目印を3つ付けて、オモリはガン玉は2Bを基本に。本日のエサは、ミミズで勝負する。

名栗川支流紹介

今回釣行する名栗川支流の有望河川を紹介しよう。

有間川・逆川

名栗湖ダム上に位置し、有間渓谷観光釣場内で有間川と逆川の2つに分かれている。どちらも一昨年台風前までは大場所も多く存在していた。それでも現在も厳しいながらに小場所でもサカナの着くポイントはあり、大場所含めて水深があるポイントに入ることが釣果を得るカギとなる。放流など皆無なエリアなので釣れればヒレピン確定である。

湯基入

名栗川本流渓流区域よりも下流に位置する本流に注ぐ小さい沢である。こちらも同様に綺麗な準天然魚がタイミングさえ合えば釣れる沢でもあり、私もお気に入り。クライミングで有名のようだが、名栗川での渓流釣りではマイナーな部類かもしれない。

一昨年の台風で崩れた林道も部分的に復旧されていたが、意外とポイントも多いのできちんと攻めれば結果がついてきやすいと思う。

まずは有間川へ

林道に入るとすぐにゲートがあるので、上流に向けてしばらく歩く釣りになるのだが、期待の実積区間には釣師が居るので、さらに上流へ向けて歩く。時刻はすでに10時20分なので釣師が居るのはもちろん想定内である。次に狙いたいエリアには誰も居ないようなので入渓することに。

渓流エサ釣りで渓魚ツ抜け 知識と的確な判断が奏功【埼玉・名栗川】現地到着時の有間川状況(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

すぐに狙いのポイントへ

水量的には多すぎて攻められないポイントもあるが、まさに丁度良さげなポイントから探るといきなり掛かる。すると15cm~17cmのヤマメが2尾でた。次は期待の滝下ポイントへ入り1投目から綺麗なヤマメが釣れた。

渓流エサ釣りで渓魚ツ抜け 知識と的確な判断が奏功【埼玉・名栗川】激熱な滝下ポイントでヤマメ3連釣(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

しばらくして2尾追加すると突如猛烈な雨が降りしかたなく一時退散することに。

痛恨のバラシでハートブレイク

霧雨になったところで別エリアへ移動。そして普段アタリがないポイントへ仕掛けを入れて呆然としていると、不意に竿がグイッと曲がった……。明らかに25cm以上はあるヤマメが掛かっていて、竿を立てた瞬間にバラしてしまった。

完全に油断大敵。増水時は普段、特に期待もしないポイントにも良型が居着いていることがあることもあり一発大物も狙えただけにとても悔しい。

次のページは逆川で28cmヤマメ登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。