【大分・熊本】沖釣り最新釣果 島原沖でドラゴン級含めタチウオ50尾超

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 島原沖でドラゴン級含めタチウオ50尾超

熊本県と大分県から沖釣り最新釣果情報が入った。ドラゴンタチウオに大型イサキ、2kg級マダコなど良型交じりで入れ食いも。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:共栄丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

大分県:みくに丸

7月4日、大分県佐賀関・神崎漁港の、みくに丸が五目釣りで大分沖に出船すると、ご覧のような大型イサキが釣れた。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 島原沖でドラゴン級含めタチウオ50尾超大型イサキ手中(提供:みくに丸)
▼この釣り船について
みくに丸
出船場所:神崎漁港

大分県:照陽

7月3日、大分県大分市・西細港の照陽が五目釣りで大分沖に出船。潮が小さいながらも大分名物ジャンボイサキが順調に上がり、マダイも交えた土産ができている。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 島原沖でドラゴン級含めタチウオ50尾超ジャンボイサキ順調(提供:照陽)
▼この釣り船について
照陽
出船場所:西細港

大分県:Soyamaru

Soyamaruは2船体制で出船中。

第三Soyamaru

7月4日、大分県杵築市・納屋港の第三Soyamaruがイサキ五目釣りで大分沖に出船すると、開始から連掛けで大型イサキ40~50cmクラスを交え入れ食いとなり絶好調で、ウマヅラやマダイも交え好土産ができた。船長は「タナは一番大事ですが、手返しも早くすると釣果は伸びます」と話す。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 島原沖でドラゴン級含めタチウオ50尾超イサキ40~50cmクラス交え入れ食い(提供:第三Soyamaru)

第二Soyamaru

7月3日、大分県杵築・納屋港の第二Soyamaruがイサキ五目釣りで大分沖に出船すると、この日はラッシュこそないものの、開始からぽつぽつアタリがあり大型イサキ40~50cmクラスにウマヅラも交えいい土産を確保した。なお、同船では夜焚きケンサキイカ釣りをはじめ、各釣りの予約も受付中。詳細は電話で確認を。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 島原沖でドラゴン級含めタチウオ50尾超良型イサキにウマヅラも(提供:第二Soyamaru)
▼この釣り船について:Soyamaru
【大分・熊本】沖釣り最新釣果 島原沖でドラゴン級含めタチウオ50尾超

熊本県:海人丸

7月2日、熊本県玉名市の新川漁港から出船中の海人丸は、天草方面にタコ釣りで出船。2kgの良型を筆頭に好ヒット。数釣れる日もあり好釣果が続いている。タチウオも良型交え数順調。キスも良型が多く数釣れている。キス釣りは1人5500円で出船中。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 島原沖でドラゴン級含めタチウオ50尾超2kg良型筆頭にヒット(提供:海人丸)
▼この釣り船について:海人丸
【大分・熊本】沖釣り最新釣果 島原沖でドラゴン級含めタチウオ50尾超

熊本県:共栄丸

7月6日、熊本県玉名市滑石の共栄丸は、島原沖にタチウオ釣りで出船した。指幅5~6本のドラゴンサイズ交え釣る人で約50尾と好調に釣れている。これからもタチウオは大型交えた数釣りが期待でき、好土産が楽しみだ。

【大分・熊本】沖釣り最新釣果 島原沖でドラゴン級含めタチウオ50尾超ドラゴンサイズ交え釣る人50尾(提供:共栄丸)
▼この釣り船について
共栄丸
出船場所:玉名漁港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年7月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。