自治体が「釣りライター」養成講座を開設 持続可能な地方創生策に期待

自治体が「釣りライター」養成講座を開設 持続可能な地方創生策に期待

数多ある島々で構成され、風光明媚な場所であることはもちろん、極上の釣りフィールドでもある熊本県上天草市。その魅力を全国に発信するため、自治体と釣りメディアがタッグを組み「釣りライター養成講座」を開設する試みがスタートします。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

上天草市の特徴

上天草市は、大小島々から構成される稀有(けう)な地理的構造を持つ市です。島々のいくつかは橋で結ばれており、中でも「天草五橋」は、同市を象徴する橋として観光名所となっています。

この「天草五橋」を中心に、島々は東に八代海、西に有明海へと面し、島々の海岸線が複雑な潮流を生むことで豊かな海を形成し、多種多様な生き物たちを育んでいます。

当然、そこには数々の魚たちが生息し、四季折々の釣魚が釣り人を楽しませています。

上天草市の釣りの魅力

自治体が「釣りライター」養成講座を開設 持続可能な地方創生策に期待胸踊る多彩な釣果(提供:週刊つりニュース西部版編集部)

日本各地に釣りの一級ポイントはありますが、上天草市も間違いなく最高のフィールドの一つです。

上天草市周辺海域はマダイ(通年)、マダコ(夏)、タチウオ(夏~冬)、カワハギ(冬~春)、メバル・アラカブ(冬~春)などの釣り物のほかアジ、ヒラメ、イサキなど含め魚影豊かな漁場を有します。いずれの魚種も比較的近場で釣れるため、安近短での釣りが人気です。

外海がシケている時も波穏やかな湾内で釣りができる、特異な海域であるところは押さえておきたいポイントです。

と、言葉で説明するよりも空撮画像を見れば一目瞭然。海釣り愛好家垂涎の好ポイントだらけで、写真を見るだけでウズウズしてしまう人もいらっしゃるのではないでしょうか。

自治体が「釣りライター」養成講座を開設 持続可能な地方創生策に期待最高の釣りフィールド(提供:上天草市)

上天草市が抱える課題と解決法

こんなにも魅力溢れる上天草市ですが、そこに気づいている釣り人は多いとは言えません。同市としては以下の2つが大きな課題であると捉えています。

情報量が不十分

インターネット上に市内の釣り情報がほとんど掲載されていないことから、釣り経験のない人が上天草市の釣り情報にアクセスをすることの敷居がとても高い。

情報内容が不十分

市内の釣り情報は釣具店や釣り情報雑誌等により発信されているものの、釣り経験のない人にとっては専門的な釣り情報を理解することが難解である。

自治体が「釣りライター」養成講座を開設 持続可能な地方創生策に期待上天草市で釣れた大型マダイ(提供:第三乙姫丸)

解決法

これらの課題を解決する方法として、初心者がインターネットで気軽にコンタクトできる情報の整備を行うことが必須であると同市は考えました。

さらに、散発的な情報発信では効果が期待しづらいため、継続的かつ自発的な情報発信が可能な体制の必要性も併せて検討。

その結果、上天草市は、”上天草の釣り”の魅力を発信する「釣りライター」の養成講座を開設することを決定。そして、ウェブマガジン『TSURINEWS』の編集部が全面バックアップすることも決まりました。

次のページで釣りライター養成講座の詳細を公開!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。