『ライトゲーム』ステップアップ解説:「マイクロメタルジグ」の有効性

『ライトゲーム』ステップアップ解説:「マイクロメタルジグ」の有効性

最近様々なメーカーからマイクロメタルジグが発売され、使用するアングラーも増えている。今回はマイクロメタルジグの有効性について解説する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

マイクロジグの使い方

マイクロメタルジグの使い方を紹介しよう。

『ライトゲーム』ステップアップ解説:「マイクロメタルジグ」の有効性マイクロメタルジグを使ってみよう(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

ただ巻き

スローに表層をただ巻きするとメバルが釣れることが多い。スローリトリーブするとヒラヒラと動くため、魚が反応することが多い。ハンドル1回転に2秒を目安にすると良い。

シェイク

シェイクとは、ロッドを小刻みに動かしながらリトリーブをすることを言う。ただ巻きで反応がない時は、この方法を試してみると、反応があることがある。この時注意したいことは、ロッドを大きく動かさないことである。大きく動かしすぎると魚からの反応がないことが多い。

リフト&フォール

リフト&フォールとは、マイクロメタルジグを上下に操作する釣り方のことだ。ハンドルを3回巻いたら、3~5秒リールを止めてフォールさせるとフォール中にアタリが出る。カサゴを狙いたい場合は、底付近でリフト&フォールをすると釣れることがあるため、お試しいただきたい。

ジグ単の代わりに

まずはいつもジグ単体で釣れているポイントで使用すると、魚からの反応が得られやすく、マイクロメタルジグへの信頼度が上がるだろう。筆者も最初はジグ単体で釣れるポイントで使用し、その日100匹以上のメバルをあげることができ、マイクロメタルジグの有効性に驚いた。

購入時のポイントとしては、2つフックが付いているものを選ぶとフッキング率が高くなるため、オススメだ。マイクロメタルジグは価格が安くコストパフォーマンスに優れている点もオススメポイントである。これからのロックフィッシュゲームに是非導入していただきたい。

<山下洋太/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。