コマセマダイ釣りで本命手中 イナダ&カンパチも登場【千葉・庄幸丸】

コマセマダイ釣りで本命手中 イナダ&カンパチも登場【千葉・庄幸丸】

12月10日(木)、内房勝山の庄幸丸からコマセマダイ釣りに挑戦。本命に加えてイナダとカンパチまでゲットできた釣行をレポートします!

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

庄幸丸でコマセマダイ

12月10日(木)、内房勝山の庄幸丸からコマセマダイ釣りへ。前日の晴れ予報に反して雨、さらに風が吹くタフコンディションのなか、6時に庄司徳勝船長の操船で出船。15分ほどで勝山沖のポイントに到着。

コマセマダイ釣りで本命手中 イナダ&カンパチも登場【千葉・庄幸丸】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

コマセ釣法

船長の指示ダナは上から80m。7mプラスした87mまで下ろしたら、コマセをまきながら指示ダナまで上げて待ちます。1~2分アタリがなければ、目線までゆっくり竿先を上げて、同様に下ろします。マダイは上から落ちてくるエサに反応するらしい。さらに1~2分待って反応がなければ一度、仕掛けを回収してエサのチェックとコマセを補充する繰り返し。

コマセマダイ釣りで本命手中 イナダ&カンパチも登場【千葉・庄幸丸】コマセワーク例(作図:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

待望の本命マダイ

開始から1時間以上たっても船中ノーヒット。船長は船をちょっと岸寄りに移動させ、指示ダナ65mで釣り再開。風はますます強くなり、慣れない10mの長ハリスの扱い方に四苦八苦……。一人マツリを連発して心が折れそうになってきました。

するとその時、竿先にトントンっとアタリ。すぐ電動で巻き始めようとすると「電動ダメ。手で巻いて」とアナウンス。「何の魚だろ?」ドキドキしながら巻けるときは巻いて、魚が強く引いたら巻くのをやめて丁寧にやりとり。ようやく天ビンが見えたところで「ハリスを手繰るとき緩めるとバレるよ」と、再び指導が入ります。

一手一手寄せてくると、水面にポコンと現れたのは本命のマダイ。船長の差しだすタモに無事収まりました。

コマセマダイ釣りで本命手中 イナダ&カンパチも登場【千葉・庄幸丸】食べごろサイズゲット(提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

さっそく頭のなかは、刺し身に塩焼き、カルパッチョ、あら汁……。魅力的な献立に想いをはせながら「2尾目が釣れますように……」と、願いを込めてコマセを詰めて再投入。

船中イナダ祭り

その後、投入を繰り返しますがなかなかアタリがありません。それでも諦めずに釣り続けると、次に釣れたのは元気なイナダ。強い引きに苦労しながら手巻きでゲットです。

コマセマダイ釣りで本命手中 イナダ&カンパチも登場【千葉・庄幸丸】イナワラキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

さらに、しばらくしてマダイともイナダとも違う引き。上がってきたのはニザダイ。可愛いおちょぼ口の魚でした。船中ではイナダが釣れ盛り、青物祭りとなったところで実績が高いポイントに再び移動。

次のページでカンパチ登場!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。