ボート『ルアーマゴチ』で63cm頭に6尾 好ゲストにクロダイも【愛知】

ボート『ルアーマゴチ』で63cm頭に6尾 好ゲストにクロダイも【愛知】

11月30日、愛知・衣浦湾にてボート釣りでマゴチを狙いました。筆者の攻略法と使用ルアーを紹介しつつ、当日の模様をレポートします。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

冬の衣浦湾でボートマゴチ

12月から私のホームグラウンドである愛知・衣浦湾で本格的なシーズンを迎えるマゴチ。「深場で釣れることが多いのでは?」と思う人もいると思いますが、汽水域や河口のブレイクラインを狙うことで、まだまだシャローでも釣れることが証明されている魚です。今回はそんな冬のマゴチを攻略してきました。

マゴチ釣りのシーズン

マゴチ釣りのメインシーズンは4月から11月で、主にキスが接岸する6~9月が狙い目とする場合が多いです。冬はマゴチが最も釣れづらいとされるシーズン。マゴチは夏に産卵を行うためシャローへ接岸してきますが、秋から冬にかけて深場へ移動すると考えられています。

そのため、冬はシャローでマゴチが釣れづらくなる季節ですが、ブレイクラインや汽水域などの河口周辺をていねいに広範囲を攻めることで釣ることが可能です。

ボート『ルアーマゴチ』で63cm頭に6尾 好ゲストにクロダイも【愛知】冬場も狙えば釣れるマゴチ(提供:WEBライター・杉浦永)

マゴチ釣りの魅力は、なんと言っても強い引きにあります。ヒットしてからのヘッドシェイクと強い引きでアングラーを魅了します。釣った後は食味を楽しみです。煮付けにしたり、刺し身、天ぷらにしたりと、料理の範囲も多種多様。白身で淡白な味わいは一度食べると虜ですよ。

タックル&リグ

使用するタックルは狙い方にもよりますが、専用タックルでなくてもシーバスタックルやバスタックルが流用可能です。1ozくらいまでのルアーウエイトを乗せることができるロッドを選びましょう。

ワーム+ジグヘッド

今回使用したのはワーム+ジグヘッド。リグのスタイルは様々で、砂地のポイントではジグヘッドタイプで構いませんが、根掛かりするような地形の場合はテキサスリグや直リグなどでも狙えます。

デメリットとしては、サーチするテンポをスローにしなければならないことでしょうか。

ボート『ルアーマゴチ』で63cm頭に6尾 好ゲストにクロダイも【愛知】今回使用したルアー(提供:WEBライター・杉浦永)

ボトムワインド

ほかにボトムワインドパターンも有効です。素早くジャークして海底付近でルアーをダートさせるメソッドです。メリットとしてテンポが速い釣りが可能で、リアクションバイトも狙えます。

デメリットは、ある程度浅い水深に限定されることや岩礁地帯の場合は根掛かりしやすい点です。

ボート『ルアーマゴチ』で63cm頭に6尾 好ゲストにクロダイも【愛知】ボトムワインドパターンのルアー(提供:WEBライター・杉浦永)

バイブレーション

また、鉄板バイブのリフト&フォールパターンも使います。メリットとして、ボトムを広範囲にテンポよくサーチすることができ、水深20〜30mの深い水深にも対応可能。デメリットとしては、ボトム周辺を探るので岩礁地帯の場合は根掛かりが多い点です。

ボート『ルアーマゴチ』で63cm頭に6尾 好ゲストにクロダイも【愛知】鉄板系バイブレーション(提供:WEBライター・杉浦永)

水深が浅いエリアでは鉄板素材以外のプラスチック型バイブレーションもフォールスピードがスローになって釣りやすいのでオススメです。

ボート『ルアーマゴチ』で63cm頭に6尾 好ゲストにクロダイも【愛知】プラスチックのバイブ(提供:WEBライター・杉浦永)

次のページで実釣の様子をレポート!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。