陸っぱりコウイカエギングで肉厚本命キャッチ【福岡・門司港】

陸っぱりコウイカエギングで肉厚本命キャッチ【福岡・門司港】

4月4日、若潮。今年も北九州市門司区のコウイカシーズンが始まっていると思い出し、仕事を終えてから仕掛けのオモリを購入し、門司の釣り場に向かいました。実釣2時間ほどで2尾の釣果となり楽しめました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

門司港のコウイカシーズン始動

午後7時30分に釣り場に到着。空いている場所を見つけて、近くにいた人にごあいさつをして仕掛けを落とします。すると、すぐに両サイドの人にヒットがあり、がぜんやる気が出ます。

陸っぱりコウイカエギングで肉厚本命キャッチ【福岡・門司港】常連さんに良型(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

エダス長さ調整でコウイカヒット

お隣の常連の人から仕掛けについてなど、いろいろとレクチャーしていただいて、スッテが付いているエダの長さを10cmから20cmに伸ばしました。

陸っぱりコウイカエギングで肉厚本命キャッチ【福岡・門司港】仕掛け図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

すると、サオが急に重たくなったので、そのままアワセを入れて上げてみると、当日のターゲットのコウイカが顔を見せてくれました。仕掛けのアドバイスをしてくれた常連の人も「良かったね」と喜んでくれました。

アワセ入れて肉厚コウイカ

また仕掛けを落とします。着底したら少しテンションをかけて、エダのスッテがふわふわと動くようにサビいて見ていると、サオが急に重くなり、すぐにそのまま巻き上げると、途中でテンションが抜けてバラしてしまいました。

常連の人から「アワセを入れたらいいよ」と教えてもらって、再度チャレンジ。しばらくサビきながら待っていると、またも重たくなります。今度はしっかりアワセを入れて、上がってきたのは丸々とした肉厚のコウイカ。うれしい1尾に思わずニッコリ。

陸っぱりコウイカエギングで肉厚本命キャッチ【福岡・門司港】コウイカをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。