ボートフライフィッシング3days釣行で大型トラウト続々【芦ノ湖】

ボートフライフィッシング3days釣行で大型トラウト続々【芦ノ湖】

解禁から1カ月以上が経過した神奈川県の芦ノ湖。個人的にはスランプだったが、湖全域で堅調。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ フライフィッシング

芦ノ湖でフライフィッシング

例年とは釣況が異なり、岸近くの浅場の底層で釣れるはずの放流のニジマスが沖の表層に浮いている。また、越年の野生化した個体は水面下5〜15mの中層で回遊している。3月下旬、私は浅場の釣りを諦め、沖目を広く探る釣りに切り替えて好釣果を得ることができた。

3月28、29日は1泊釣行。前日の朝は、気温15度の濃霧。霧が晴れるのを待って湖尻のボート店から出艇。ハーリング(引き釣り)しながら箱根園を目指す。

ボートフライフィッシング3days釣行で大型トラウト続々【芦ノ湖】タックル例(作図:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

途中、防ヶ沢沖で1尾目の47cmブラウン。銀毛化した奇麗な魚体。

ボートフライフィッシング3days釣行で大型トラウト続々【芦ノ湖】ブラウン(提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

箱根園に到着後は、ダウンショット(以後DS)ゾンカーで底を中心に探るが、まったくアタリなし。移動を繰り返していると、ハーリングで再びヒット。

初日は52cm頭に8尾ゲット

和田の角沖で釣れたのは52cmブラウン。黄色のアゴの曲がったオス。

ボートフライフィッシング3days釣行で大型トラウト続々【芦ノ湖】和田の角で釣れたブラウン(提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

胴切の鼻沖では、ゾンカーを底まで沈め、3mシャクリ上げたところでガツガツ、ドンと、元気のいい44.5cmサクラマス。黒光りする美しい銀色の魚体。初日の釣果は、小型ニジマスを含め32〜52cm8尾。

54cm美麗ニジマス手中

翌日は、朝の気温零下1度で、雨と北寄りの強風で、8時すぎには雪に変わる寒い一日。帰着までを考えると遠くに行くことはできないので、桃源台港から椿の鼻の間をハーリングで探るが、1時間ほどアタリなし。

ようやくヒットしたのは30cm級ニジマス。1尾目から30分後、キャンプ場沖でロッドが大きく曲がる。

寄せてから大暴れされ、ランディングに手間取ったが、それもそのはず。体高のある尾ビレの発達した立派な魚体の54cmニジマス。サクラマスと見違えるようなネイティブレインボー。

ボートフライフィッシング3days釣行で大型トラウト続々【芦ノ湖】54cmニジマス(提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

43cmコーホーキャッチ

ボートは風下の南方流され、アンカリングできそうな神宮でボートを係留。手を温めながら、ゾンガージギングでカケアガリを探ると、37cm、43cmのコーホー。

ボートフライフィッシング3days釣行で大型トラウト続々【芦ノ湖】コーホー(提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

また、ランディング直前のジャンプでバラしてしまったが、50cm超えの同魚の姿も確認した。2日目は50cm超えのネイティブレインボーと今年初のコーホーを上げることができ、釣果5尾で終了。

次のページで45.5cmサクラマス浮上!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。