テンヤマダイ釣行で1kg級 浅場での連発にシーズン到来実感【弁天丸】

テンヤマダイ釣行で1kg級 浅場での連発にシーズン到来実感【弁天丸】

3月20日、風雨の悪天候となったが、茨城・日立市の会瀬漁港から弁天丸でテンヤマダイ釣りに出かけた。波と風で釣り難い状況下だったが、浅場に移ってから1kg級の本命マダイがヒット。船中では2.2kgも上がり、マダイシーズン到来を実感した。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・西山忠昭)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

弁天丸でテンヤマダイ釣り

当日、弁天丸のテンヤマダイに集まった釣り人は私たちを含めて14人。仲間3人と左舷ミヨシから並んで座る。5時40分出船。天候が悪く、大粒の雨が降り西風が強く吹きつける。

舵を持つのは阿部正美・大船長。竜也・若船長も仲乗りとして乗船。港を出ると予想通りの波と風。

「近場からやっていきます」と船長からアナウンス。約20分後、真沖の釣り場で開始。水深約40mで「根が点在しているので、根掛かりに注意するように」との指示があった。

荒天で釣りにくい状態だが、テンヤを投入すると小型ながら本命がぽつぽつ。メバルやフグも交じる。

テンヤマダイ釣行で1kg級 浅場での連発にシーズン到来実感【弁天丸】佐々木さんにマダイ(提供:週刊つりニュースAPC・西山忠昭)

水深20mの浅場で1kg級本命

しばらく流しているとアタリはなくなり、風が強くなったので水深20m前後の釣り場に移動。すぐに1kg級の本命が釣れ、私は2尾追加した。

隣で竿を出す釣友の丸山さんに強烈なアタリ。竿の曲がりからみて本命と確信したので「ゆっくりリールを巻いて」とアドバイスをしたが、大物の引きに興奮していて、気配が魚に伝わってしまったのかバラしてしまった。悔しがっていたが、おそらくアワセが甘く、完全にハリ掛かりしていなかったのだろう。

テンヤマダイ釣行で1kg級 浅場での連発にシーズン到来実感【弁天丸】丸山さん(提供:週刊つりニュース関東版APC・西山忠昭)

小学生が2.2kgマダイ

波風が強いなか、小移動を繰り返す。前半から後半に差し掛かったところで「やった、大きいぞ」と声が聞こえたので行ってみると、埼玉から親子で来ていた勇希くんが、2.2kgの本命を上げた。

テンヤマダイ釣行で1kg級 浅場での連発にシーズン到来実感【弁天丸】クロダイも手中に(提供:週刊つりニュース関東版APC・西山忠昭)

その後は、ヒラメやホウボウ、フグなどが釣れていたが、大型本命はなかなか姿を現さず、風と波がより強くなったため11時に沖上がり。

当日の釣果と今後の展望

釣果はマダイ0.4~2.2kgを1人1~6尾。ゲストにクロダイやヒラメ、ホウボウ、メバルなどで土産は十分。

この日は悪天候のため広範囲を探ることができなかったが、翌日には3.5kg頭にいい釣果が上がっていた。今後は状況次第で数・型ともにチャンスがある。

※記事内に登場する船宿の現在の営業状況については、直接お問い合わせください

<週刊つりニュース関東版APC 西山忠昭 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について:弁天丸
テンヤマダイ釣行で1kg級 浅場での連発にシーズン到来実感【弁天丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年4月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。