【玄界灘】沖のエサ釣り最新釣果 アジ泳がせ釣りで7kg超大型タカバ

【玄界灘】沖のエサ釣り最新釣果 アジ泳がせ釣りで7kg超大型タカバ

九州は玄界灘エリアから沖釣り最新釣果情報をお届け。アジの泳がせ釣りで超大型タカバ7kgが浮上!その他、イサキが好スタートの模様。

佐賀県のリアルタイム天気&風波情報

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:第一成幸丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

佐賀県:寿風

佐賀県伊万里市の久原港から寿風で3月22日に釣行した福岡県うきは市の浅野さん(写真)はマダイ大型5kgオーバーをゲットした。この日は6kg級を交えて船中40尾を超える盛況となり、玄界灘はいよいよ大型の乗っ込みマダイ本格化へ加速中。高級根魚交じりで楽しめそうだ。

【玄界灘】沖のエサ釣り最新釣果 アジ泳がせ釣りで7kg超大型タカバ乗っ込みマダイ加速(提供:寿風)
▼この釣り船について:寿風
【玄界灘】沖のエサ釣り最新釣果 アジ泳がせ釣りで7kg超大型タカバ

福岡県:榮幸丸

3月25日、福岡市西区宮ノ浦港から出船している玄界島の榮幸丸は玄界灘のイサキ、マダイ五目釣りに行き、良型イサキを主体に、マダイやクロ交じりでクーラーをいっぱいにする絶好調。マダイは乗っ込みの大型も交じり楽しんでいる。

【玄界灘】沖のエサ釣り最新釣果 アジ泳がせ釣りで7kg超大型タカバイサキ主軸にクロやマダイも(提供:榮幸丸)
▼この釣り船について
榮幸丸
出船場所:宮ノ浦港

福岡県:金生丸

3月22日、福岡県宗像市・鐘崎港から案内中の金生丸が沖五目釣りで玄界灘に出船。この日はアマダイ2尾、レンコ1人15尾、アオナ5尾、タカバ3kg頭に3尾、アラカブ1.5kg頭に10尾、アコウ3尾、イトヨリ10尾など多彩な釣果が上がり、北九州市から釣行した福田さんグループは好土産ができ大満足だったようだ。

【玄界灘】沖のエサ釣り最新釣果 アジ泳がせ釣りで7kg超大型タカバ沖五目で好釣り(提供:金生丸)
▼この釣り船について:金生丸
【玄界灘】沖のエサ釣り最新釣果 アジ泳がせ釣りで7kg超大型タカバ

福岡県:第二宮一丸

3月22日、福岡県宗像市大島の第二宮一丸が玄界灘のイサキ五目に今シーズン初出船すると、この日は昼から荒天となり正午に納竿したようだが、待望の良型イサキも順調にヒットしたほか、マダイ3kg超えも交じり短時間釣行でもいい土産を確保できたようだ。船長は「日によって釣果にムラがあります」と話す。

【玄界灘】沖のエサ釣り最新釣果 アジ泳がせ釣りで7kg超大型タカバイサキ好機到来(提供:第二宮一丸)
▼この釣り船について
第二宮一丸
出船場所:神湊港

福岡県:第一成幸丸

3月22日、福岡県宗像市大島の第一成幸丸がアジ泳がせ釣りで玄界灘に出船すると、この日は原口さんが超大型タカバ7kgをキャッチするなど絶好調で、船中ではほかにもチカメキントキ2kg、アコウ3kg、ボッコ2kg、オニオコゼ1kgと多魚種も型揃いの釣果が上がり豪華土産ができている。

【玄界灘】沖のエサ釣り最新釣果 アジ泳がせ釣りで7kg超大型タカバ超大型タカバ7kg(提供:第一成幸丸)
▼この釣り船について
第一成幸丸
出船場所:神湊港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。