磯フカセで乗っ込みマダイ&チヌ 潮流れるタイミングで手中【淡路島】

磯フカセで乗っ込みマダイ&チヌ 潮流れるタイミングで手中【淡路島】

ここ最近、マダイの釣果が良い沼島へ3月31日にフカセ釣行。マダイに加えて乗っ込みチヌも視野に入れての釣行でしたが、潮に乗せた仕掛けがしっかりと流れる時間帯にマダイ40cmや乗っ込みチヌなどが釣れ、春の磯釣りを満喫。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・山本俊介)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

下立神に渡礁

当日の朝、「マダイ狙いなので深い場所が良いなあ」と船長に言うと、足場も良いし比較的安定してマダイの釣果がある場所として「下立神」と言う磯を勧めてくれました。

磯フカセで乗っ込みマダイ&チヌ 潮流れるタイミングで手中【淡路島】下立神の磯(提供:WEBライター・山本俊介)

過去に何度か沼島に来てますが初めての磯に立ってみると高い場所から見下ろす感じで、足場も良く釣りやすそう。低い位置よりは高い位置からの方が、仕掛けの入り具合やウキもよく見えるので、個人的には好みです。

全層仕掛けでスタート

深い場所だと言うことと、マダイ狙いなので仕掛けは早めに沈めていく全層仕掛けを使用しました。

磯フカセで乗っ込みマダイ&チヌ 潮流れるタイミングで手中【淡路島】当日の仕掛け(作図:WEBライター・山本俊介)

潮が止まりかけてベラの猛攻

朝7時前から釣りを開始しましたが、満潮の9時半頃で、すでに潮は止まりかけです。そして、釣れるのはベラだけ・・・。さしエサは取られるけれどハリ掛かりしないのは、おそらくはフグ系でしょう。

足元を見ると1m近いカンダイがまきエサにアタックしていたので、狙えば掛かるだろうけれど、竿が折れるとシャレにならないので止めておきました(笑)。

エサ取り反応消えてチヌ

8時半頃、ようやくエサ取りの反応が消えたので、「何か大きな魚が出てきたのかな」と思っていると、軽~くラインを持っていくアタリです。ゆっくり竿に乗せていく感じでアワせると、チヌ独特の引きで40cm強が上がってきました。食いが渋いのか唇一枚に掛かっていました。

磯フカセで乗っ込みマダイ&チヌ 潮流れるタイミングで手中【淡路島】40cm級のチヌがヒット(提供:WEBライター・山本俊介)

ラインを引きだすアタリでマダイ

その後、30分くらいは再び無反応になり、次に釣れたのは9時頃。パラッ、パラッと潮に乗った仕掛けがラインを引っ張り出す中、パラパラパラ~とラインが走りました。

「これはマダイかな?」と思いましたが、引きが弱い。そんなに大きくないと判断して、やり取りします。40cmほどでしたが、本命のマダイが釣れてひと安心。

磯フカセで乗っ込みマダイ&チヌ 潮流れるタイミングで手中【淡路島】本命のマダイがヒット(提供:WEBライター・山本俊介)

乗っ込みの良型チヌが連発

まだ居てるはずだと思って釣りを継続しますが、次に釣れたのはマダイではなく良型チヌです。しかも、乗っ込み間近の腹パン。同サイズが続けて2尾ヒット。

磯フカセで乗っ込みマダイ&チヌ 潮流れるタイミングで手中【淡路島】乗っ込み物のチヌ連発(提供:WEBライター・山本俊介)

下げに入り、本命潮になればマダイのサイズアップを狙えるかなと思っていましたが、その後はさっぱり無反応・・・。

ガン玉外してウマヅラハギ

しばし休憩を入れてから、試しに2段ウキにしてウキ下を竿2本分の設定で何投かしてみましたが、さしエサが丸残り・・・。根掛かりする感じはなかったので、まだまだ深いのでしょう。

仕掛けをまた元に戻して、ハリ上のG8は外して、ほんの少しだけゆっくりめに仕掛けを入れていく作戦に変更。すると、仕掛けがなじんだ頃にマーカーがスーッと入っていきます。

すかさずアワせると、チヌでもベラでもなく、腹パンのウマヅラハギ。エサ取りの犯人だけど肝醤油確定です。1尾居ればまだ数尾は居るはずなので、ハリを6号から5号に小さくして追加を狙ったのですが釣れず。数は居なかったのでしょう。

次のページで磯変わり後の釣行をお届け!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。