メバリングで20cm級本命連発 トゥイッチに好反応【三重・四日市港】

メバリングで20cm級本命連発 トゥイッチに好反応【三重・四日市港】

そろそろメバルもアフター(産後)から回復してきているかと思い、3月20日に釣友と三重県四日市市の四日市港にメバリングへと向かった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

四日市港でメバリング

四日市港には、午後6時半に到着。3連休初日だけあってアングラーは多く、考えていたポイントは満員御礼。どうにか別の常夜灯のメバリングポイントでやってみることにする。10時半干潮なので、すでに潮は下がり始めているが水面は静かだ。しかしよく見ると、小さなベイトがまばらに泳ぐ姿が確認できる。

まずは0.5gのジグヘッドに活アジコムシをセット。足元から探ってみる。しかしフォールでは反応がない。ボトムまでフォールさせて巻き上げでも反応がない。

護岸沿いにロングキャストしてからボトムでのスローリトリーブでポンポンとカサゴ、ムラソイが連続ヒット。横方向への動きに反応が良さそうだ。表層はどうだろうかと試してみると、カウントゼロの表層スローリトリーブでメバルがヒット。やはりベイトは小魚か。

プラグでメバルヒット

ベイトフィッシュパターンならばと、プラグのリトリーブで反応を確認してみる。プラグにチェンジして潮に乗せて流されるベイトをイメージしながらスローリトリーブ。すると、レイジーソリッドでメバルがヒット。久々のプラグでのメバルだが、バイトの出方が気持イイ。

メバリングで20cm級本命連発 トゥイッチに好反応【三重・四日市港】リッジ35SSにもヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

20cm級メバル連発

干潮が近づき、徐々に潮が緩み始めるとバイトが遠のいてきた。そのせいもあってか、常夜灯周りのアングラーが帰っていったので、すかさずポイントに入る。

まずは釣友が先行して攻めると、あっという間にメバルをキャッチ。しかも20cmクラス。間髪入れずに連続キャッチしている。

メバリングで20cm級本命連発 トゥイッチに好反応【三重・四日市港】スパテラで20㎝級メバル連発(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

私もレベリングヘッド0.5gにスパテラ2inchの表層ストレートリトリーブで誘うと、なぜかカサゴが連続ヒット。潮位が下がり過ぎたため、カサゴが食ってきてしまうようだ。

メバリングで20cm級本命連発 トゥイッチに好反応【三重・四日市港】スパテラでカサゴ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

トゥイッチでの演出が効果的

釣友は相変わらず爆釣モード。パターンを聞くと「カウント0で即リトリーブ。食わないなら途中でトゥイッチ入れると食うよ」。という訳で釣友の釣りを見て、リトリーブスピードはノーマルのようなので同じようにしてトゥイッチを入れてみると、直後にヒット。

やはり当たりパターンは完全にコレか。「リトリーブだけで反応がない時は結構これで食うよ」とのこと。メバルに気づいたベイトフィッシュが、慌てて逃げ惑う様子をトゥイッチで演出することで、バイトを誘発しているようだ。

メバリングで20cm級本命連発 トゥイッチに好反応【三重・四日市港】壁際ではムラソイ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

次のページで50cm級シーバスも!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。