ジギングで怒濤のマグロラッシュ トンボ26匹に30kg級キハダ【トロ丸】

ジギングで怒濤のマグロラッシュ トンボ26匹に30kg級キハダ【トロ丸】

4月4日、トロ丸にて大人気の三重・志摩沖トンボ(ビンナガマグロ)ジギングへ。怒涛のトンボラッシュに30kg級のキハダまで登場した釣行をレポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・田中耕二)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

トロ丸でトンボジギングへ

4月4日、港に集まった8人のアングラー。当初は中深海ジギングの予定だったが、前日が爆流の潮で中深海は釣りにならず。そのかわりトンボ(ビンナガマグロ)が爆発したという状況を聞き、前日の夜に急きょプラン変更。

トンボジギングメインで潮が緩ければ、中深海でアコウダイ狙いとなった。仲間内でトロ丸をチャーターしていたので、臨機応変にできた。

すっかり明るくなった午前5時半に出港。これまたチャーターならではのお気楽モードだ。1時間ほど走ってポイントに到着。

釣り場の状況

鳥が舞い、群青の潮が流れていて雰囲気は抜群。すでに僚船からの無線でトンボのヒットが伝わる。ここぞというポイントに位置取りしてトンボジギングスタート。5ozのロッドとPEライン4号のタックルに230gのシルバーロングジグをセットして海中へ。

ジギングで怒濤のマグロラッシュ トンボ26匹に30kg級キハダ【トロ丸】当日のタックル(作図:WEBライター・田中耕二)

当日は、風が弱く潮も同じ風と方向に流れるため、ドテラ流しにも関わらずラインが前に流されない。船長によると潮は動いており水温も18.6度と申し分なし。

1流し目は船中ノーヒット

ラインのマーカーで水深を測りながら50m前後を探る。すぐにでもアタってきそうだが、僚船のヒットコールが飛び交う中、トロ丸にトンボは微笑まず。ちょっと不安になるスタートとなった。

結局、1流し目は船中ノーバイトで移動。水温と鳥を頼りにポイント移動する。当たり前だがトンボは回遊魚。海中に目印となるようなストラクチャーはなく、ボイルなどもないので、船長の技量が問われる。

船長はプレッシャーだろうが、そこはトロ丸さん。トンボジギングの開拓者として信頼できる。無論、結果を出すのは我々アングラーなのだが・・・。

フォールでトンボヒット!

2流し目、200gとジグを少し軽くしてアプローチ。若干ではあるがラインが前に払い出し、良い感じに潮を噛む手応え。60mから20mをフワフワとワンピッチで誘い上げ、クラッチを切ってフォールさせるとゴツゴツとバイト。

すぐにクラッチを返しフッキング。ラインを巻き取り追いアワセを入れた。ギューンとロッドが絞り込まれ、ジジジッとドラグが滑る。トンボだ。「50m前後でヒット」と伝える。

ジギングで怒濤のマグロラッシュ トンボ26匹に30kg級キハダ【トロ丸】トンボとのやり取り(提供:WEBライター・田中耕二)

船中同時ヒット!

大人しくなったのでストレートポンピングで寄せてくる。気付けば、右の山田さんも中西さんもロッドを曲げている。3人のファイト中に左でもダブルヒットだ。交差するラインをかわしながら、ミヨシまで移動してトンボを仕留めた。

ジギングで怒濤のマグロラッシュ トンボ26匹に30kg級キハダ【トロ丸】8kgのトンボをゲット(提供:WEBライター・田中耕二)

残念ながら最初の祭りでは、5ヒット2ゲット。群れで行動するトンボはヒットが連鎖する事が多く、複数ヒットを上手く処理できないとバラシも連鎖してしまう。

しばらくの間があって、ミヨシでヒット。ヒットダナは60mと聞いたので、ジグを落とすと50mほどでフォールを止めるバイト。これは残念ながらフッキングが決まらず。

船中6人同時ヒットも!

周りを見ると6ヒット。お祭り回避のためにジグを回収する。あちこちで上がってくるトンボに船長のネットが間に合わず、アングラーどうしが協力してネットイン。

山田さんも中西さんもトンボをゲット。この後も誰かがヒットすれば必ず連鎖するパターンで、確実にトンボが上がってくる。マグロ祭りで頭の中のBGMは北島三郎だ。私も2匹目をゲットして、みんながアングラーズトランス状態だ…(笑)。

ジギングで怒濤のマグロラッシュ トンボ26匹に30kg級キハダ【トロ丸】トンボとヒットジグ(提供:WEBライター・田中耕二)

中深海ジギングに転戦

全員がお土産をゲット・・・、お土産がマグロってどんな状態か想像できるだろうか。「ちょっと中深海を見にいきましょう」と船長。全員合致で移動中に500gのジグを装着する。かなりの爆流。ちょっとやそっとのジグでは400mの海底には届かない。

ポイントに着いてジグを投下したが、案の定ジグの着底があやふやで激烈に重い。加えて回収中にトンボがヒットする始末。こりゃ中深海ジギングにならんと退散した。

鳥山の下で強烈ヒット

もう帰港しても良かったのだが、移動中に鳥山の下にボイル発見。ジグを投入すると右の山田さんに強烈なバイト。締め込んだはずのドラグが悲鳴を上げ続ける。

ジギングで怒濤のマグロラッシュ トンボ26匹に30kg級キハダ【トロ丸】緊迫のやり取り(提供:WEBライター・田中耕二)

海面を走り続ける魚は、カジキだろうか?大物のヒットに全員がジグを回収しファイトを見守る。ほとんど水平にまでラインを出されたが、ようやく魚が止まり少しずつ回収できるようになった。近づくにつれて底に潜り始めるので、キハダだろう。PEライン2.5号の限界ファイトで浮いて来たのはやはりキハダ。それも30kgサイズだ。

29.65kgキハダマグロ登場!

お茶目な船長がモリ打ちをミスるハプニングがあったが、それもご愛敬でゲットしたのは29.65kg(エラワタ抜き)の立派なキハダマグロ。

ジギングで怒濤のマグロラッシュ トンボ26匹に30kg級キハダ【トロ丸】船長がモリを打つ(提供:WEBライター・田中耕二)

山田さんは、今回が初三重県で初トンジギ。トンボを仕留めた上に、人生で最大の魚をゲットした。みんなから「おめでとうナイスファイト」と握手を求められ、もうトンジギ中毒だな…(笑)。

次のページで最終釣果を発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。