春のボートシーバスゲームで80cm超ランカー頭に20匹以上【名古屋港】

春のボートシーバスゲームで80cm超ランカー頭に20匹以上【名古屋港】

3月13日、久しぶりに名古屋港デイシーバスゲームを楽しもうと、10フィートアンダーソルトの伊豫部キャプテンと出撃。80cmアップ頭に20匹以上と熱い釣りが楽しめた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

マイクロベイトパターンのルアー

この時期は例年マイクロベイトパターン(ボラ、サッパの稚魚)が主だが、中にはリアクション重視の個体も多々存在する。用意したのはマイクロベイトパターンにはカウントダウンエリート、ビスケイミノー、ソーランブレード。リアクションにはHJ14ハスキージャーク14、リップストップだ。

春のボートシーバスゲームで80cm超ランカー頭に20匹以上【名古屋港】ヒットアイテム(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊)

有望エリアへボートを走らせ、ポイントに到着。表層にマイクロベイトが確認できたため、カウントダウンエリートをセットしキャスト。7.5cmとは思えない飛距離に加え、キビキビとしたアクション、カウントダウンの名の通りフォールで小刻みにレンジを探ることができる。

1.5mレンジで50〜70cm級連発

春のボートシーバスゲームで80cm超ランカー頭に20匹以上【名古屋港】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊)

最初は浅いレンジから狙い、徐々に深いレンジへと狙う。すると数投目の1.5mレンジでガツンとバイト。上がってきたのは50cm台のシーバスだ。同レンジで伊豫部君にもヒット。50cm台の名古屋港アベレージサイズだった。

さらに少しレンジを変えながら狙うと、ゴンとヒット。重量感が伝わりサイズアップの期待。水面に浮いてきたのは60cm台中盤のシーバスだ。すると伊豫部キャプテンにもヒット。ドラグを鳴らして水面に浮いてきたのは、70cm近いグッドサイズだった。いきなりの良型にテンションMAX。

春のボートシーバスゲームで80cm超ランカー頭に20匹以上【名古屋港】伊豫部キャプテンにもヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・水野和俊)

バースエリアで60cmアップ

その後はビスケイミノーとカウントダウンエリートで、45~60cmを数匹追加し移動する。次のポイントは、陸から延びるバースエリアだ。少しディープも狙いながら、沖からシャローへと狙っていく。

沖面はソーランブレード、シャローはハスキージャークで狙っていくと、沖面でバイト。ドラグを鳴らして突っ込むシーバス。無事にランディングに成功したのは、60cmアップの元気なシーバスだ。

徐々にシャロー方向に移動しながらバースを撃っていく。中盤の場所にさしかかり、ハスキージャークでストラクチャーに着いているであろう個体を狙う。連続ジャークでシーバスの捕食本能を刺激し、ポーズで距離を詰めさせリトリーブで食わせるイメージだ。

次のページでランカー級が登場!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。