中深海ジギングでアコウダイ手中 ラインブレイクにもワクワク【三重】

中深海ジギングでアコウダイ手中 ラインブレイクにもワクワク【三重】

2月24日、三重県尾鷲市の尾鷲港から出船しているゴールデンイーグルで、中深海~深海ジギングに行ってきた。ラインブレイクですらワクワクする釣行をレポート。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 山本憲史)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ゴールデンイーグルで深海ジギング

尾鷲港出船のゴールデンイーグルには今回初乗船。船着きは車で尾鷲北インターから10分ほどで到着するので、非常にアクセスがいい。

午前6時集合とのことで、泉さんと時間に余裕を見て出発。高速に入るとトラックがほとんど走っておらず、スイスイ走行できて余裕があり過ぎで到着した。深海便ということで、他に1人の常連さんと3人で乗船。

船長の奥さん(女将さん)もエサ釣りで参戦だ。「何が釣れるか分からないのが好き」とか、「トウジンの頭のシュッとしたところがカッコいい」と結構なマニアさんのようだ。

深海からイカ浮上

準備を済ませて6時半ごろに出船。暗い時間は寒かったが、日が昇るにつれて暖かくなった。1時間ちょっと走ってポイントに到着。

まずは潮の具合を確認がてら、350mぐらいから流すことになった。ひと流し目、泉さんにアタリが。何やら重量感があるようで、いきなりのアコウダイを期待したが、上がってきたのは名前を聞いたけど忘れてしまったイカだった。ジグはスピンドルN600g。

中深海ジギングでアコウダイ手中 ラインブレイクにもワクワク【三重】深海のイカも(提供:週刊つりニュース中部版 山本憲史)

トウジン&ユメカサゴが登場

次の流しでは女将さんと常連さんが裏本命のトウジンを釣り上げ、女将さんのテンションは上がりまくり。次の流しで私にもアタリ。上がってきたのはユメカサゴだ。

少しポイントを変えて流してみると、ボトムからのロングフォールでラインが止まった。回収するが途中でフックアウト。ストレートポイントのフックだったので、貫通していなかった可能性もある。

アコウダイをキャッチ

カーブポイントのフック(ジゲンハイパー4/0)にチェンジして次の流しでまたアタった。バラした直後なので慎重に巻き上げ、アコウダイゲット。だがFB600gと変わらないサイズで複雑な気持ちに。

中深海ジギングでアコウダイ手中 ラインブレイクにもワクワク【三重】ルアーと同サイズのアコウダイ(提供:週刊つりニュース中部版 山本憲史)

次の流しでは泉さんにドラグを滑らす走る魚がヒット。「おおおっ!」と思った瞬間ラインブレイクで残念。深い所は何がいるか分からない。楽しすぎる。

そんなこんなで私もアタリが。「また何かちっさいのが掛かったなぁ」と思い巻き上げてくるとキンメだ。35cmぐらいのフウセンキンメ。フウセンキンメならこのサイズはMAXサイズに近いようだ。

最後の流しでラインブレイク

時間もかなり過ぎたので、ここから少し深いポイントへ移動。船長は600m近くを流すと言うので、私のテンションも上がってきた。必要ないのに1200gのジグを落とす。この流しでは何も釣れなかったが、気持ちが高ぶるばかり。

最後の流しはスパイN700gを落として、少しハイピッチで探ると食った!ドラグが滑る。「おおおっ!キター」と心の叫びが。皆さんに聞こえそうと思った矢先、テンションが抜けた。リーダーを見ると、下から40cmぐらいまでザラザラしている。悔し過ぎる。最後の見せ場かと思ったのに。620mラインのまだ見ぬ魚たち、いつか釣ってやる!

<週刊つりニュース中部版 山本憲史/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
ゴールデンイーグル
出船場所:天満浦埠頭
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年3月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。