【大分県・熊本県】沖釣り最新釣果 53cmブランド『関サバ』など

【大分県・熊本県】沖釣り最新釣果 53cmブランド『関サバ』など

熊本県と大分県から沖釣りの最新釣果情報が届いた。ブランド魚として名高い「関サバ」狙いで53cmの大型が登場。その他、良型タチウオも依然顔出し中だ。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:みくに丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

熊本県:共栄丸

2月11日、熊本県玉名市滑石の共栄丸は、島原沖にメバル狙いで出船。この日は、マダイとメバルのリレーで、マダイは2kg頭に10尾。メバルは1人25尾の釣果となった。メバルは日によりムラあるが1人20~40尾前後と数釣れる日も。今後群れまとまれば、さらに数釣りが期待できる。

【大分県・熊本県】沖釣り最新釣果 53cmブランド『関サバ』などメバル数釣り(提供:共栄丸)
▼この釣り船について
共栄丸
出船場所:玉名漁港

熊本県:海人丸

2月15日、熊本県玉名市の新川漁港から出船中の海人(うみんちゅ)丸は、タイラバ、テンヤで島原方面に出船。マダイは良型交え順調にヒットした。メバルも出船中で数も上向いてきており2連、3連と好ヒット。これからメバルもさらに数釣りが期待大だ。

【大分県・熊本県】沖釣り最新釣果 53cmブランド『関サバ』など良型交え順調(提供:海人丸)
▼この釣り船について:海人丸
【大分県・熊本県】沖釣り最新釣果 53cmブランド『関サバ』など

大分県:Soyamaru

二隻体制で出船中。

第二Soyamaru

2月15日、大分沖の沖アラカブ釣りに大分県杵築・納屋港の第二Soyamaruが出船。沖アラカブの大五郎サイズ、中五郎サイズにカマガリ、オニカサゴ、良型アジ交じりで船中に取り込まれており、個人差はあるが土産を確保している。

【大分県・熊本県】沖釣り最新釣果 53cmブランド『関サバ』など沖アラカブ主軸に好調(提供:第二Soyamaru)
▼この釣り船について:Soyamaru
【大分県・熊本県】沖釣り最新釣果 53cmブランド『関サバ』など

大分県:べっぷ丸

2月15日、大分沖タチウオ釣りに大分県別府市新若草港の、べっぷ丸が出船。1投目からヒットするが、朝は潮の動きが悪く食い気もいまひとつ。午前10時ごろから潮が動き、食い気も上向きドラゴンサイズ交え土産を確保。船長は「タチウオは終盤戦。トップシーズンほどの釣果は望めませんが、まだ楽しめます」と話している。

【大分県・熊本県】沖釣り最新釣果 53cmブランド『関サバ』などドラゴン的中(提供:べっぷ丸)
▼この釣り船について:べっぷ丸
【大分県・熊本県】沖釣り最新釣果 53cmブランド『関サバ』など

大分県:照陽

2月13日、大分沖タチウオ釣りに大分県大分・西細港から照陽が出船。船長が「これはデカイ!やってくれました」とコメントしたタチウオは指幅8本の”神龍”サイズ。少し波があり、ぽつりぽつりとあるアタリを釣っていく時間帯を耐えて短時間のラッシュタイムがあり、土産も確保している。

【大分県・熊本県】沖釣り最新釣果 53cmブランド『関サバ』など大型タチウオゲット(提供:照陽)
▼この釣り船について
照陽
出船場所:西細港

大分県:みくに丸

2月15日、大分沖の沖アラカブ釣りに大分県佐賀関・神崎漁港から、みくに丸が出船。写真の沖アラカブに加え、カマガリ交じってヒットした。

【大分県・熊本県】沖釣り最新釣果 53cmブランド『関サバ』など良型沖アラカブキャッチ(提供:みくに丸)
▼この釣り船について
みくに丸
出船場所:神崎漁港

第一Soyamaru

2月13日、大分県杵築・納屋港の第一Soyamaruが大分沖の関アジ、関サバ釣り~落とし込みリレー釣りに出船。関アジ、関サバ釣りから開始して、いきなり53cmの特大関サバをゲット。関アジで土産を増やした後は、落とし込み釣りへ。ブリ主体にサワラ、ヒラメが船中に取り込まれている。

【大分県・熊本県】沖釣り最新釣果 53cmブランド『関サバ』などいきなり関サバ53cm(提供:第一Soyamaru)

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年2月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。