外房エリアのマハタ好調 イワシ泳がせ釣りで2.6kg頭に6尾【春日丸】

外房エリアのマハタ好調 イワシ泳がせ釣りで2.6kg頭に6尾【春日丸】

2月14日(金)、外房大原の春日丸からマハタを狙った。当日は5.3kg頭の本命や、ヒラメも顔を出し、アタリも多く楽しめた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・廣瀬正樹)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

春日丸でマハタ狙い

当日は、外房大原の港までの道中は深い霧。4時半、船長が到着し4人の釣り人が右舷に座る。トモから大津さん、杉浦さん、私、中島さんという並び。

同宿では乗船したマハタ船のほか、ヒラメ狙いでも出船。前者は中井徹船長、後者は中井成明船長が舵を取る。

5時前に出船。港を出ると海上は濃い霧で、風は弱く、ウネリがあるもののナギ。

外房エリアのマハタ好調 イワシ泳がせ釣りで2.6kg頭に6尾【春日丸】マハタタックル例(作図:週刊つりニュース関東版 APC・廣瀬正樹)

まずはヒラメ連発

真沖へと進み6時前に「支度してください」とのアナウンスでエサのイワシが配られる。6時、「やってみましょう。水深30m。根掛かりするから気を付けてください」で開始。

配られたイワシの鼻の硬い部分に親バリを刺し背ビレのうしろに孫バリを掛けて投入。底を取ったらすぐ1mほど上げて待つ。水深が2m前後上下するほど根は荒いので、ひん繁に底を取り直す。

開始10分後、オモリが底に当たったので少し上げるとモタッとした感触。ゆっくり聞き上げるとグググッと引き込まれハリ掛かり。何度か引き込んで、浮かんできたのは2kg級ヒラメ。

ほぼ同時に中島さんにもヒットするがこちらはバラシ。大津さんに1kg級。続いて杉浦さんも同級同魚。私も、オモリを底から上げたところで2回目のアタリ。しかしスッポ抜けでイワシがなくなる。

船中本命マハタ連発!

6時半に移動の合図。「水深30m」の声で再開。霧は晴れ青空が見えてくる。2回の小移動があり、7時に杉浦さんの竿が大きく曲がった。姿を見せたのは2kgマハタ。

外房エリアのマハタ好調 イワシ泳がせ釣りで2.6kg頭に6尾【春日丸】杉浦さんに2㎏級のマハタ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・廣瀬正樹)

次は大津さんに2.6kg本命。

外房エリアのマハタ好調 イワシ泳がせ釣りで2.6kg頭に6尾【春日丸】大津さんのマハタは2.6kg(提供:週刊つりニュース関東版 APC・廣瀬正樹)

直後、私にもアタリがあり、そのままハリ掛かり。途中で強く引き込まれ1.5kg級本命。

外房エリアのマハタ好調 イワシ泳がせ釣りで2.6kg頭に6尾【春日丸】本命に笑顔の筆者(提供:週刊つりニュース関東版 APC・廣瀬正樹)

水深30mの釣り場に移動し、杉浦さんに1kg級はきたが、またすぐに水深25mに移動し大津さんが続く。再び移動し、水深23m。エサのイワシが暴れる感触が伝わってくるが、本アタリなし。

次のページで大判ヒラメもヒット

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。