人生3回目の磯釣りで念願のクロ2尾を手中【大分県・深島の磯】

人生3回目の磯釣りで念願のクロ2尾を手中【大分県・深島の磯】

2月上旬、大分県南の蒲江から出船している正福丸で深島の磯に渡してもらい、クロ(メジナ)のフカセ釣りをしてきました。私は磯釣り3回目でグッドサイズをキャッチできました。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

深島の磯で3度目のフカセ釣り

釣行当日は蒲江漁港の船着き場へ午前6時30分に集合。

本来は前夜から磯に上がり場所取りをし、朝に船長が磯を回るそうです。磯の状況に応じて場所移動もできるみたいです。

私は、まだ3回目の磯釣りなので、今回は朝の見回りの船に乗って磯へ上がりました。初心者向けの足場の良いところです。目の前には小さな磯があるので、その周辺は潮が流れて釣れやすいと仲間が教えてくれたのでそこを狙ってみます。

人生3回目の磯釣りで念願のクロ2尾を手中【大分県・深島の磯】深島広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

1投目からヒットもバラシ

7時30分に到着し、まきエサの準備をしてから釣りスタート!

バラしてしまったのですが、1投目からヒットして強い引きがあったので、きっと幸先いいってことですよね?

継続して同じエリアを攻めてみます。鳥もいて、魚の影もあって、潮目もある。こんな好条件なのに、まきエサがうまく飛ばせません!

この釣りはまきエサのコントロールが重要だと思うのですが、塊にならなかったり、ウキに届かなかったり、コツをつかむのがとても難しかったです。そのため、なかなかアタリもでず時間だけが過ぎていきました。

人生3回目の磯釣りで念願のクロ2尾を手中【大分県・深島の磯】当日の仕掛け(提供:週刊つりニュース西部版 APC・ヒカリ)

1ヒロ半の浅いタナに変更

昼ごろには風も強くなってきて、だんだん状況も悪くなってきたように思えたのですが、船長が見回りに来て「浅いタナが良さそうなので、1ヒロ半とかで頑張ってみてください」とアドバイスをもらいました。

それから仕掛けを変更。タナを浅くし、アタリウキを付けて見やすいウキに変更しました。

さらに、まきエサがうまく飛ばせない時は、逆に仕掛けをまきエサに寄せる作戦にしてみます。磯釣りのベテラン人たちには、こんな釣り方でごめんなさい~と思うのですが、正月にも磯釣りでボウズだったので、「今日こそは1尾でも釣りたい」と思い、あらゆる手段を使わせてもらいました。

次のページでメジナ連続ヒット!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。