【福岡】ルアーフィッシング最新釣果 ジギングで18kg頭ヒラマサ続々

【福岡】ルアーフィッシング最新釣果 ジギングで18kg頭ヒラマサ続々

福岡県から沖のルアーフィッシング最新釣果が届いた。各地でメーター超えのヒラマサが続々登場!中には18kg超えの大マサも。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:GREEN)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

海龍丸

2月2日、福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港の海龍丸が2月からスタートしたジギング・電動ジギング便で芦屋沖~玄界灘方面に出船した。大型ヒラマサ14kgほかブリ10kg頭など青物は船中60尾超え。スロージギングにもタカバが船中2ケタにヒラメが交じるなど土産も十分確保。ジギング・電動ジギング便は随時出船募集中で大型魚狙いも期待大。

【福岡】ルアーフィッシング最新釣果 ジギングで18kg頭ヒラマサ続々大型ヒラマサやブリなど青物好調(提供:海龍丸)
▼この釣り船について
海龍丸
出船場所:柏原漁港

蛭子丸

2月3日、福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港から出船する千春丸と2隻体制の蛭子丸 の案内で出船した高橋さんはルアー船で写真のような大ダイを見事に仕留めている。マダイは3~10kgクラスが好調、この日は船中2ケタと好釣果。ほかブリ、スズキ、ヒラメなどが交じっている。また、沖五目ではチカメキントキ、オキメバル、根魚、アマなど交じって好ヒット中。ジギングではヒラマサ、ブリなど青物中心に好釣りも。ほかタイラバ、SLJ(スーパーライトジギング)など各種出船受け付け中。

【福岡】ルアーフィッシング最新釣果 ジギングで18kg頭ヒラマサ続々大型のマダイをキャッチ(提供:千春丸・蛭子丸)
▼この釣り船について
千春丸・蛭子丸
出船場所:柏原漁港

幸風

2月2日、玄界灘の電動ジギング・ジギングに福岡市中央区港のかもめ広場前から幸風が出船。三枝さんは電動ジギングでブリ11kgと10.5kgを含め4尾キャッチ。10kgオーバーがヒット中だ。

【福岡】ルアーフィッシング最新釣果 ジギングで18kg頭ヒラマサ続々ブリ11kg交じり(提供:幸風)
▼この釣り船について:幸風
【福岡】ルアーフィッシング最新釣果 ジギングで18kg頭ヒラマサ続々

2月1日、福岡市中央区港のかもめ広場前からが玄界灘のジギング~キャスティングゲームで出船。釣り開始から良型のブリ2尾を取り込むが、数は続かず。作戦を変更してポイントを点々とラン&ガンで釣って行き、ヒラマサやワラサをキャッチした。

【福岡】ルアーフィッシング最新釣果 ジギングで18kg頭ヒラマサ続々ヒラマサ好捕(提供:優)
▼この釣り船について

出船場所:中央区港

海遊丸

シケの合間の出船が続く玄界灘。2月1日、福岡市西区姪浜の姪浜能古島渡船場から宮ノ浦の海遊丸が出船。タイラバをした阿部さんはアコウ、スジアラ、ボッコ、アラカブなどでクーラーボックス8分を埋める高級根魚の土産を確保。船長は「潮が弱いのか、マダイの食いが立たず、根魚釣りをした」と話し、船中でアコウ2kg頭24尾、スジアラ2尾、ボッコ1.8~2.4kg13尾、マトウダイにアラカブ50尾前後の釣果。

【福岡】ルアーフィッシング最新釣果 ジギングで18kg頭ヒラマサ続々高級根魚が好調(提供:海遊丸)
▼この釣り船について
海遊丸
出船場所:姪浜能古島渡船場

榮幸丸

2月2日、玄界灘のジギングに福岡市西区宮ノ浦港から玄界島の榮幸丸が出船。5~6kgのブリ、ヒラマサが入れ食いして、最大でヒラマサ18kgクラスも取り込まれている。ジギング、電動ジギングともに楽しめる。

【福岡】ルアーフィッシング最新釣果 ジギングで18kg頭ヒラマサ続々18kgのヒラマサをキャッチ(提供:榮幸丸)
▼この釣り船について
榮幸丸
出船場所:宮ノ浦港

光生丸

2月2日、北九州市若松区・北湊の光生丸がジギングで響灘に出船すると、開始早々にこの釣り2回目のアングラーがヒラマサ4kgを好捕。沖へ移動後も勢いは止まらず、大型ヒラマサ108cm9.2kgと7kgも堂々キャッチ。ほかの同船者もヒラマサ4kg頭に8尾を仕留めている。大型ヒラマサによるラインブレイクもあったようなので、今後の展開も要注目だ。

【福岡】ルアーフィッシング最新釣果 ジギングで18kg頭ヒラマサ続々108cmの大型ヒラマサをキャッチ(提供:光生丸)
▼この釣り船について
光生丸
出船場所:北湊泊地

PONTOS・幸雅丸

2月2日、北九州市漁協・若松支所前から響灘に案内中のPONTOS・幸雅丸がジギング・タイラバで響灘に出船すると、序盤はイワシの反応がありマダイ1kg前後がアタックする中、たまに大型らしきアタリもありバラシが多発。ジギングではヒラマサ5kgクラスやブリ7kgクラスが上がっている。船長は「この時期、悪天候が多くなかなか出船できないが、これからはジギングが結構アツい」と話す。

【福岡】ルアーフィッシング最新釣果 ジギングで18kg頭ヒラマサ続々ジギングでヒラマサやブリ(提供:PONTOS・幸雅丸)
▼この釣り船について:PONTOS・幸雅丸
【福岡】ルアーフィッシング最新釣果 ジギングで18kg頭ヒラマサ続々

Elephant

2月2日、北九州市・小倉港のElephantがジギング&SLJで響灘に出船。当日は小潮のため、船も動かず苦戦しながらもヒラマサ6kg頭に7尾、ブリ6kg頭に13尾、マダイ50cm頭に3尾、ヒラメ、アコウなどを好捕。一日通してぽつぽつ釣れた中、最後にはラッシュもあり5人同時ヒットもあったようだ。詳細はFacebook、またはInstagramで。

【福岡】ルアーフィッシング最新釣果 ジギングで18kg頭ヒラマサ続々青物6kg交じり(提供:Elephant)
▼この釣り船について
Elephant
出船場所:小倉港

GREEN

2月4日、北九州市小倉北区・高浜港のGREENがジギングで響灘に出船すると、ご覧のように膝乗せサイズの大型ヒラマサ10.6kgや5kgが好ヒット。ほかにもヒラゴ2kg、ハマチ3~4kg、良型マダイ70cm超え4kgなども1人でキャッチ。十分の釣果を得たため、正午には納竿したようだ。

【福岡】ルアーフィッシング最新釣果 ジギングで18kg頭ヒラマサ続々良型のヒラマサ(提供:GREEN)
▼この釣り船について
GREEN
出船場所:高浜港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年2月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。