ゲーム性抜群『新子タチウオゲーム』 ころころ変わるパターンに苦戦

ゲーム性抜群『新子タチウオゲーム』 ころころ変わるパターンに苦戦

好調が続いている名古屋港の陸っぱり新子タチウオゲーム。例年より長くまだ釣れているようだ。となれば釣りに行かずにはいられない。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

名古屋港西3区で新子タチウオゲーム

1月31日の仕事帰りに車を走らせ、愛知県弥富市の名港西3区到着は午後7時30分。車を降りるとまたしても暴風だ。釣行日を選べない家庭環境なので、状況にアジャストするしかない。満潮が午後10時ごろなので、それまでの勝負だ。

水面は波立ち、ウサギさんがピョンピョン跳ねているが、前日もAPCの浅井達志さんが乱獲…、いや相当数キャッチしているので期待が持てる。

早速根魚玉3gにスパテラ2.5inchの組み合わせでスタート。まずはロングキャストしてみるが、風でPEラインが横に吹き流される。着水点は立ち位置より横に10mほどズレている。

ゲーム性抜群『新子タチウオゲーム』 ころころ変わるパターンに苦戦(作図:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

吹き上げられるラインをコントロールしながら、ジグヘッドをフォールさせていく。

波立つ表層にいる雰囲気ではないので中層までフォールさせ、リフト&フォールで誘いを入れると、ティップにバイトが出る。しかしバイトは小さく、アワせてもなかなかフッキングしない。

指2本タチウオゲットも単発

数投後、ようやくリフトのタイミングでドンと乗った。まずは1匹目、指2本クラスのタチウオをキャッチだ。ここまではあまり時間がかからなかったため、期待が持てると思ったが、ここからが難しかった。

ゲーム性抜群『新子タチウオゲーム』 ころころ変わるパターンに苦戦ファーストヒットは早かった(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

何が難しいかというと、パターンが全く一定しないのだ。しばらくは出ていた中層のバイトが消えたため、ボトムまでレンジを下げてみるが反応がない。ならば動きを変えようとデルタマジックヘビー3gにマナティ38に変更。ダートアクションで中層を探るも反応なし。

あの手この手でパターン探る

ボトムまで落とすとようやくバイト。しかしすぐには掛からず、かなり手前まで追ってきてからようやくヒットだ。同じパターンで数匹キャッチするも、またしても沈黙。風は少し収まってきたが、反応に変化は現れない。

変化といえばジグヘッドがまっすぐ飛ぶようになったぐらいだ。横の動きの方がいいかと思い、ワームをガメシャッドにチェンジし、リトリーブしてみるとバイト。しかしバイト数は少ない。ワームが大きいかと思ったが、意地になって1匹キャッチ。

ゲーム性抜群『新子タチウオゲーム』 ころころ変わるパターンに苦戦パターンの変化にアジャストしてキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

チモトホタル装着で3連発

これでもうジグヘッドで考えられる誘いは全てやり尽くしたので、ルアーをメタルジャッカー5gにチェンジ。チモトホタルを装着してキャストしてみると、着水後のフォールで即ヒット。このパターンで3連発。

これでイケるかと思いきや、3度沈黙。ボトム周辺を探るとヒット。しかしこれも単発。

そして欲張りすぎてメタルジグを根掛かりで連続ロスト。カーッ!難しい!と思いながら、ラインを組み直してジグヘッドを結ぶ。バイト自体が少ないので、またどこでバイトが出るかを探さなければならない。

健闘するも消化不良

半ば投げやりに小刻みにシェイクしながら、ボトムから表層まで探っていると、ボトム~中層の間でバイトが出る。しかし、これもお約束のようにフッキングしない。

しつこく通しているとシェイク中にようやくヒット。ヒットパターンとは到底言えないヒット間隔だが、これで数匹追加したのち、午後10時にロッドオフとした。

渋いながらも10匹程度はキャッチできたので十分満足と言いたいところだが、若干消化不良。そして失ったメタルジグのことを想いながら帰路に就いた。

<週刊つりニュース中部版 APC・松田久史/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
西3区
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年2月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。