テンヤタチウオ釣行で指7本ドラゴン級頭に良型複数登場【SOYAMARU】

テンヤタチウオ釣行で指7本ドラゴン級頭に良型複数登場【SOYAMARU】

1月12日、本格的な冬の到来で釣りに出かけるのも後ずさりしがちな今日このごろ。今回は、豊後水道で大人気のテンヤタチウオ釣りにSOYAMARU(そうやまる)でチャレンジしてきた。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・日浦信二)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

SOYAMARUでテンヤタチウオ釣行

午前6時、港に集合して船長に「今の時期でもデカいタチウオ釣れますかね?」と尋ねたところ、「大丈夫!釣れますよ。ただ水深が結構深いですね」とのこと。

早速、乗船したところ偶然にも釣友がいて釣座も隣、楽しい釣行になりそうだ。釣友と話をしていると、ジギングでタチウオを狙うようだ。私はテンヤで狙う。

1時間ほどでポイントに到着。釣りの準備をし、船長からの投入合図を待つ。

テンヤタチウオ釣行で指7本ドラゴン級頭に良型複数登場【SOYAMARU】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・日浦信二)

船長から「はいどうぞ!タナは180mです」とのアナウンスに一瞬自分の耳を疑う(笑)。サミングをして、ゆっくりとテンヤを落としていくが指示ダナが深いため時間がかかる。

しばらくしてテンヤが指示ダナに到達。こんな深い水深にタチウオがいるのか?と半信半疑でサオをシャクる。シャクり上げたサオを下げる時に3~4回リールを巻く。それを2回繰り返し、5~10秒止める。

タチウオが食ってくると、止めている間に小さなアタリがサオ先に伝わり、間髪入れずにフッキングしなければならないので気が抜けない。

まずは指4本サイズから登場

しばらくアタリがないままポイントを移動していく。ふと、隣に目をやると釣友がサオを曲げている!「デカい?」と聞くと「アベレージですね!」と言いつつ、一生懸命になって手で巻いている(笑)。

上がってきたのは予想通り指4本サイズのおいしそうなタチウオだ!その後、私のテンヤにも繊細なアタリがあったが見逃してしまい、すかさず2回早巻きをして追い食いを狙うが追ってこず…。

船長から、「水温が下がったので追ってきませんね。最初のアタリで掛けてくださいね」とアドバイスをもらい、次のアタリに備えて集中する。

指6本サイズにサイズアップ!

しばらくすると繊細なアタリがあり、今度はしっかりとフッキングに成功だ!すかさず電動リールで巻き上げ開始!時折サオが絞り込まれ、ジジジッとドラグ音が鳴る。心の中で「バレるなよ~!」と叫びながら上がってきたのは、指6本サイズのドラゴンタチウオ、やはりこの釣りは面白い!このサイズが釣れるとうれしさも倍増だ!

テンヤタチウオ釣行で指7本ドラゴン級頭に良型複数登場【SOYAMARU】大型タチウオに笑顔(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日浦信二)

指7本級ドラゴンも登場!

その後も何度かポイントを移動して順調に釣果を重ねていくも、午後から急な強風に見舞われ波も高くなってきた。

船長判断であと15分で帰港するとのことだが、私的には十分な釣果もあったので早めに片付けをしていたその時、釣友のサオがこれまで以上に絞り込まれ、リールを巻きながらもジジジッとPEラインが出される!

「こいつはデカいわ!」と片付けながらファイトを見守り、上がってきたのは見事な指7本サイズのドラゴンタチウオだ!しかし、海上はシケているので喜んでばかりはいられない。片付けを済ませて帰港した。

テンヤタチウオ釣行で指7本ドラゴン級頭に良型複数登場【SOYAMARU】指7本サイズのタチウオをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日浦信二)

次はジギングに挑戦予定

帰港後、釣友とお互いのクーラーを確認しほぼ同数の釣果に満足したが、やはり釣友が最後に釣り上げたドラゴンタチウオは特に目立っていた。

次は私もタチウオジギングにチャレンジしてみようと思う。

<週刊つりニュース西部版 APC・日浦信二/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:SOYAMARU
テンヤタチウオ釣行で指7本ドラゴン級頭に良型複数登場【SOYAMARU】
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年2月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。