人気急上昇中『トンジギ』で13.6kgビンナガ マグロ強引と真剣勝負

人気急上昇中『トンジギ』で13.6kgビンナガ マグロ強引と真剣勝負

1月13日、にわかにブレイクしてきた『トンジギ』に挑戦してきた。「トンジギ」とはトンボマグロジギングのこと。トンボマグロとはビンナガ(ビンチョウ)マグロのことだ。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・川森慶子)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

『トンジギ』のタックル&ルアー

当日は三重県志摩市の和具から出船。予報では午前中は相当強い風が吹くようだ。午前6時に集合し、6時30分出船。美しい朝焼けを見ながら強風の志摩沖を目指した。

これから「トンジギ」をされる方にタックルを少々。ロッドはブリが釣れるジギングロッドで十分。ラインはPEライン3号以上、リーダー40lb以上がお勧めだ。ジグは150~300gを使い分け、ロングのシルバー系が良かったと思う。フックは太軸のものが良く、しっかりハリ掛かりしてくれるハヤブサ瞬貫アシストフックダブル3cmFS457の5/0をフロント、リアフックはハヤブサ瞬貫アシストフックダブル2cmFS456の4/0を使用した。

人気急上昇中『トンジギ』で13.6kgビンナガ マグロ強引と真剣勝負フックはサカナとの接点(提供:週刊つりニュース中部版 APC・川森慶子)

13.6kgビンチョウマグロ浮上

40分後、水深300mでジギング開始。水温18.2度で、海水温は秋のまま推移しているようだ。船長が「水深120mぐらいから40mまでのジギングでお願いします」とのこと。船がドテラで風も強いため、ジャックアイスイッチ300gシルバーゼブラグローで始めた。

開始早々、同船者にヒット。「あまり大きくないな」と言いながら、間もなくリーダーというところで痛恨のバラシ。私もがぜんやる気が出たが、ドテラで流しっぱなし、なおかつ300gで、1枚、2枚と上着を脱いでも暑い。

風も少々収まり、ジグを新商品のジャックアイフリーズ、シルバーブルーグローゼブラ200gに付け替えた。船長が、テールフックも付けた方が良いとのことだったので、リアフックに瞬貫4/0を付けた。そして同行の工藤さんにヒット。「何か小さい魚が掛かったみたい」、「マツダイかぁ」なんて言っていたが、顔がだんだん真剣になってくる。ドラグをシリジリ滑らせながら上がってきたのは、立派なビンチョウ。ワタ抜き13.6kgだった。

人気急上昇中『トンジギ』で13.6kgビンナガ マグロ強引と真剣勝負13.1kgビンチョウ手中(提供:週刊つりニュース中部版 APC・川森慶子)

7.1kg良型カツオがヒット

しばらくしてまたもや工藤さんにヒット。今度は水深40mでヒットしたらしい。魚が元気で右へ左へと走り回る。うまくいなしながらリーダーが入る。船長が「でっかいカツオや!」。無事ネットイン!お腹パンパンのワタ抜き7.1kgのカツオだった。

人気急上昇中『トンジギ』で13.6kgビンナガ マグロ強引と真剣勝負カツオも上がった(提供:週刊つりニュース中部版 APC・川森慶子)

次のページで筆者にもついにマグロがヒット!