厳寒期の東京湾でイシモチ活況 船中34cm頭に86尾【鴨下丸】

厳寒期の東京湾でイシモチ活況 船中34cm頭に86尾【鴨下丸】

厳寒期真っ只中だが、八景沖のイシモチは元気いっぱい。1月25日(土)東京湾金沢八景(漁港内)出船の鴨下丸からイシモチを狙って釣行、派手な引きを存分に楽しんだ。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 大村隆)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の最終釣果

どのクーラーも多くの魚で埋まり、誰もが笑顔で13時に沖上がり。釣果は20~34cmが50~86尾。ゲストにアジ。竿頭は斉藤さんだった。

アタリが明確なこの釣りは沖釣り入門に最適。同船宿ではレンタルタックルがあり、ビギナーには丁寧なレクチャーを行っているので防寒対策を万全にしてチャレンジしてほしい。

<週刊つりニュース関東版 APC・大村 隆/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:鴨下丸
厳寒期の東京湾でイシモチ活況 船中34cm頭に86尾【鴨下丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年2月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。