ジギング&タイラバでワラサにサワラにヒラゴなど船中青物乱舞【白島沖】

ジギング&タイラバでワラサにサワラにヒラゴなど船中青物乱舞【白島沖】

1月中旬ジギング釣行に、大島船長、粂橋さん、村上さんと私の総勢4人で北九州・白島の沖へ向かった。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・稲永繁樹)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

白島沖でジギング&タイラバゲーム

当日はナギで、遠賀・芦屋から大島さんの船で出船し、まずは白島沖水深40mの実績ポイントへ向かい釣りスタート。村上さんは初売りで揃えたタイラバ仕掛けで、ほか3人はジギングでそれぞれのターゲットを狙う。

まだ薄暗い朝マヅメなので私のジグチョイスはシルバーとグロー(夜光)のゼブラカラーのロングジグ120gだ。

ジギング&タイラバでワラサにサワラにヒラゴなど船中青物乱舞【白島沖】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・稲永繁樹)

最初のポイントはショートバイトがあったもののヒットにつながらず船長の判断で更に沖へ向かう。次のポイントに到着し、皆思い思いの釣りを再開。水深は55m前後。

65cmワラサダブルヒット

日が昇り、明るくなったので私はフラッシング効果を期待してシルバーの120gのロングジグに変更。

何度かショートバイトが続いた後、待望のファーストヒットは大島船長。青物がヒットしたらしく仕掛けが絡まないように横で釣っていた私は回収しようとし始めた矢先、私のロッドもゴンッと曲がり、ダブルヒット。先に大島船長が上げ、次いで私が上げたのは、ほぼ同寸65cmのワラサだった。

同じ群れの魚が釣れたのだろう。2人並んで写真を撮ってもらいすぐ次を狙う。

ジギング&タイラバでワラサにサワラにヒラゴなど船中青物乱舞【白島沖】大島さんとワラサのダブルヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・稲永繁樹)

良型サワラ&60cmヒラゴ浮上

すると潮も良くなりだし、ジグにかかる潮の抵抗が良くなってきた。魚の活性も上がり大島さん、粂橋さんに90cm前後のサワラ、私に60cm級のヒラゴとジギング組のロッドが頻繁に曲がる。

ジギング&タイラバでワラサにサワラにヒラゴなど船中青物乱舞【白島沖】粂橋さんに90cm前後のサワラ(提供:週刊つりニュース西部版APC・稲永繁樹)

一方、タイラバで粘っている村上さんはなかなかアタリがない状態だったが、フォール中に待望のアタリをとらえた。みんなが見守る中、無事にタモに収まったのは60cmのヒラゴであった。

良型青物の引きを堪能

その後も何度か船をポイントへ移動し直し、1流し毎にアタリやヒットがあり、私も順調に数を伸ばした。最初だけブリが釣れたが、その後は60~65cmのヒラゴがよく釣れて楽しませてくれる。ヒットするタナもサワラは底付近、ヒラゴはその上でのヒットが多く、底から5~30mでのヒットが多かった。

途中から粂橋さんはタイラバに変更し、小型ながらしっかりとマダイを捕獲。いったん潮止まりでアタリが途切れたものの、再び潮が動きだすとヒラゴがヒットし始め、納竿の午後3時半まで楽しませてくれた。

最終釣果

結果、私はワラサ1尾、ヒラゴ7尾と出会うことができた。更に良型の青物に出会うため、またナギの日にはジギング釣行に行きたいと思う。

<週刊つりニュース西部版APC・稲永繁樹/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
白鳥沖
出船場所:遠賀・芦屋
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年2月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。