厳寒期の東京湾でイシモチ活況 船中34cm頭に86尾【鴨下丸】

厳寒期の東京湾でイシモチ活況 船中34cm頭に86尾【鴨下丸】

厳寒期真っ只中だが、八景沖のイシモチは元気いっぱい。1月25日(土)東京湾金沢八景(漁港内)出船の鴨下丸からイシモチを狙って釣行、派手な引きを存分に楽しんだ。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 大村隆)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

イシモチ&アジの一荷も

船が魚の寄り場に差しかかるとひん繁にアタリがでて船中あちこちで銀鱗が舞う。左隣に座った金井さんは、船長のレクチャーのおかげで次第にコツをつかんで良型を連発。

また、幅広なアジが交じる。イシモチとアジの一荷があった。「妻からイシモチの天ぷらが食べたいというリクエストがあったのですが、アジのタタキのおまけつきなので、もう言うことなしです」と喜色満面。

厳寒期の東京湾でイシモチ活況 船中34cm頭に86尾【鴨下丸】 イシモチとアジの一荷に笑顔の金井さん(提供:週刊つりニュース関東版 大村隆)

左舷ミヨシには、斉藤さんは短めのひとつテンヤ用の竿を駆使し、ハイペースで数を伸ばす。

「若いころは渓流に夢中だったけど、沢を登るのがしんどくなったのと、何度もクマとも遭遇しているので、沖釣りに変更しました。シロギスからキハダまで、何でもやりますが、イシモチは独特な面白さがあるね。」とコメント。

後半も船中で連発

アタリが途切れると、船長は、すぐに竿上げの合図。また新しいポイントを流すので、また派手なアタリが戻ってくる。

厳寒期の東京湾でイシモチ活況 船中34cm頭に86尾【鴨下丸】良型一荷連チャンの荒川さん(提供:週刊つりニュース関東版 大村隆)

右舷ミヨシで、大きく曲がった竿を抱えて巻き上げの真っ只中の佐滝さんは「いい型のようだ」とリールを巻き、30cm超えを抜き上げると「このサイズなら刺し身でいけるね」と嬉しそう。

右舷胴の間の両角さんは「メリハリのあるアタリがたまらない」とこの釣りを存分に楽しむ。

厳寒期の東京湾でイシモチ活況 船中34cm頭に86尾【鴨下丸】釣趣にぞっこんの両角さん(提供:週刊つりニュース関東版 大村隆)

トモの吉田さんは「朝イチは調子がでなかったが、海が落ち着いてきてペースが上がってきた」と快調。

厳寒期の東京湾でイシモチ活況 船中34cm頭に86尾【鴨下丸】後半に追い上げた吉田さん(提供:週刊つりニュース関東版 大村隆)

次のページで最終釣果を発表

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。