日本海ヤリイカエギング 軟体生物ヒットするもタコ【京都・養老漁港】

日本海ヤリイカエギング 軟体生物ヒットするもタコ【京都・養老漁港】

日本海のヤリイカ釣果が上向きのようだ。これだけ釣れているのであれば、下手な私でもエギングで1匹くらいは!との期待で、1月29日に日本海の養老漁港を目指した。

京都府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

養老漁港でヤリイカエギング

前回の釣行では、足元のガシラ(カサゴ)釣りに夢中になってしまい、残念な結果に終わったので、今回はエギングに集中することを心に誓っての釣行。ポイントも一番釣果情報の多かった京都・宮津の養老漁港とした。

昼過ぎに家を出て、ポイントに着いたのは16時前。平日の夕方ということもあって、釣り場には誰もいない。どこがいいのか分からなかったので、波止に残る墨跡を頼りに、白灯の根元に釣り座を構えた。

日本海ヤリイカエギング 軟体生物ヒットするもタコ【京都・養老漁港】所々に残る墨跡(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

当日の釣り方

予報では西の風で天気は曇りとのことだったが、用意が終わる前にポツポツと雨が降り始めた。念のために用意しておいたカッパを着て、とりあえず東に向かってフルキャストする。

水深はあるのだろうと勝手に思っていたのだが、意外とすぐに着底。こんな浅場にヤリイカの回遊があるのだろうか?と不安になったが、ぽつぽつと墨跡も見られるので、今日こそは!の気持ちでシャクり始めた。

釣り方は、フルキャストしたらフリーフォールで底を取り、そこから軽く2段シャクリを入れてエギを跳ね上げ、カーブフォール。あまり激しい動きはいらないと聞いていたし、数年前にヤリイカを釣った際もこんな感じで釣れたため、ボトムを意識してふわふわ誘う。

違和感の正体はタコ

しばらくして、カーブフォールで着底させた直後に微妙な違和感。いよいよきたかと大きくアワセを入れるが、ほとんど重量感がない。海藻でも掛けたかと巻き寄せると、ゲソのようなものが見える。一瞬アワセが強すぎたかと思ったが、よく見るとタコ。京都府下でタコは採捕禁止なので、写真だけ撮ってリリースした。

日本海ヤリイカエギング 軟体生物ヒットするもタコ【京都・養老漁港】1匹目はテナガダコ?(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

また同じように誘っていると、同じような違和感。今度こそとアワセを入れるが、手応えはあるものの重量感はなく、引きもない。嫌な予感は的中、上がってきたのはまたしてもタコであった。こちらもすぐにリリース。

連続で外れだったが、超小型のタコのアタリまでしっかり感じ取れている。この集中力なら今日はいける!と次を狙うが、そこからは完全にアタリが止まってしまった。

底をゆっくり誘う釣りから少々強めにシャクリを入れて上層まで探る釣りにかえてみたり、しばらく底でステイさせてみたりと、考えられることをいろいろやってみたが、結果は出なかった。

ライトロックゲームで気分転換

日本海ヤリイカエギング 軟体生物ヒットするもタコ【京都・養老漁港】1投目のチビガシラ(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

ということで、気分転換にライトゲームロッドを出して足元を探ってみる。夏にこの波止を訪れた際は、フォール中のジグヘッドにガシラが面白いようにアタックしてくれた。

魚影はかなり濃かったので、いい気晴らしになりそうだと思って始めたが、予想通り1投目から小型ガシラがヒット。最大でも20cmほどだったが、入れ食いを楽しみ気分をリフレッシュできた。

日本海ヤリイカエギング 軟体生物ヒットするもタコ【京都・養老漁港】ガシラは入れ食い(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

30分ほど根魚釣りで気分転換し、再度エギング。断続的に降る冷たい雨の中集中するが、期待した夕マヅメは反応なく終了。完全に日が落ちた7時ごろに場所を少し移動してみることにする。ここも墨跡のあった場所だ。

次のページでついにヤリイカ発見!