流行間近『オフシャロゲーム』徹底解説 超浅場での大型魚ファイトが魅力

流行間近『オフシャロゲーム』徹底解説 超浅場での大型魚ファイトが魅力

今回は今年流行するかも知れない最先端の釣りを紹介しよう。それが「オフシャロ(オフショアのシャローゲーム)」だ。すでに好釣果も出ているのでオススメだ。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:ガイドサービスセブン船長・宮崎晃)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

オフシャロゲームとは

まだ聞き馴染みのない言葉と思われる方が多い『オフシャロ(オフショアのシャローゲーム)』。オフショアとは沖、シャローとは浅い場所という意味のゲームである。ジグだけでなく、タイラバの釣りも含まれ、特徴は船の海釣りには浅いといえる水深20mほどから時には5mほどの超浅場で釣りを行うことだ

注目されていなかったが、私の本業である遊漁船ではかなりの釣果を出しており、非常に面白い釣りだ。

浅くても大型魚が狙える

「浅い」といっても釣れる魚は小型ではなく大型が交じることが多いのも面白く、新しい発見も多い。

実際に釣れた魚の実績は目を見張るものがあり、最近でも水深8mで83cmのマダイや水深15mで30gのジグを使い1mのヒラマサ。水深8m、40gのジグで113cmのサワラなどが釣れて釣り人も大喜びである。

オフシャロのタックル

タックルはキャストがメインになるのでスピニングタックルが必須。

流行間近『オフシャロゲーム』徹底解説 超浅場での大型魚ファイトが魅力スピニングタックルがオススメ(提供:週刊つりニュース西部版 ガイドサービスセブン船長・宮崎晃)

リール

4000番から5000番がベストになり、使うPEラインは1号か1.2号を最低200mは巻いておくこと。注意することはリールの大きさに対してラインが細いのでリールのスプールには必ず下巻きを入れてスプールに合った所までラインの量増しをすること。それが細いラインの切れを守るリールのドラグ性能に非常に大事である。

ロッド

7ftから9ftの長さが飛距離も伸びるのでよいが、専用のロッドとして私が使っているのはライトオフショアキャスティングSLOS‐703L-KRを使っており、長さは7ftありバットも強いので安心だ。このロッドはオフシャロに多用する高速のただ巻きに起こりがちなラインとガイドの接触によるブレを最小限に抑えており、非常に快適な釣りが可能になっている。

ジグ

ジグを操作するアクションは少し特徴的な部分が実績を上げており、キャストして着底させた後は高速の速巻きが多用されるが、時折巻きスピードに強弱を付けてもよい。特に大型のサワラ狙いには超高速巻きが効いており、それに伴う使用ジグも高速でも回転せずに巻けることが条件となる。平たく薄いジグは高速巻きに耐えれず回転することが多く、あまりこの釣りに向かないので、回転しない細身のジグを選べばいいだろう。

ジグは重さが20gから60gを多用するが、この釣りは基本としてジグの後ろにブレードを付けることで釣果が上がる。小魚の動きや水流波動と光の反射はただ巻きのジグに生命感を持たせ、バイトに繋げる非常に大事な要素になっており、魚を誘うことと同時にジグのアクションを安定させる。

流行間近『オフシャロゲーム』徹底解説 超浅場での大型魚ファイトが魅力ジグ専用のブレードに注目(提供:週刊つりニュース西部版 ガイドサービスセブン船長・宮崎晃)

次のページで実釣レポートをお届け!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。