フカセ釣りで41cm頭にメジナ連発 全遊動仕掛けがアタリ【南ケイセン】

フカセ釣りで41cm頭にメジナ連発 全遊動仕掛けがアタリ【南ケイセン】

1月上旬、内房・富浦の南ケイセンにクロダイ(チヌ)とメジナ(グレ)狙いでフカセ釣行へ出掛けた。南ケイセンは、大房岬の駐車場から距離は近いが高低差があるため、背負子があると便利だ。しばらく歩いて安全な地磯を釣り座にした。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

南ケイセンでフカセ釣り

当日は、大房岬の駐車場に5時に到着して釣り場へ向かった。

フカセ釣りで41cm頭にメジナ連発 全遊動仕掛けがアタリ【南ケイセン】南ケイセン周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

用意したコマセは、オキアミ3kgにグレパワーV9(徳用)と、爆寄せグレ2袋を混ぜ合わせたものを2セット。付けエサは生オキアミとエサ取り対策に練りエサを持参。

弱い北東風が吹いていて、思ったよりウネリが多少入っているが、釣りには問題ない。仕掛けは広範囲を狙えるように遠投性と視認性のいい「征黒」を使用した半遊動仕掛け。

フカセ釣りで41cm頭にメジナ連発 全遊動仕掛けがアタリ【南ケイセン】当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

午前中はアタリなし

潮は非常に澄んでいるので、上物狙いには厳しそうだ。磯際を中心にコマセをまきながら、仕掛けを振り込むとエサ取りはみえない。

そこで、ウキの周囲にコマセをガンガン打って本命を寄せる作戦。

しかし、付けエサが残っている状態が続く。コマセが効いてくれば釣れると信じて辛抱強く待つが、午前中はアタリなし。

フカセ釣りで41cm頭にメジナ連発 全遊動仕掛けがアタリ【南ケイセン】釣り場の様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC・澤田朝寛)

潮が動くと本命メジナ連続ヒット

昼食のあと、風裏になる岩陰で休んでいると、ポカポカ陽気に誘われてウトウト寝てしまう。1時間ほど、気持ちよく寝ていると段々と吹いてきた北東風に目を覚まして再開。

相変わらずエサ取りは少なく、条件的にはいいが、気持ちが折れそうになる。それでも、我慢して遠投や沈み根の周囲を丹念に攻めていると、ウキがユラユラと消えていった。待望のアタリなのでひと呼吸おいてから大きくアワせる。

大きくはないが25cmの口太メジナが釣れてひと安心。サイズが小さいので優しくリリースする。やがて、潮が動き始めるとウキがドンドン流れていく。集中しながら流れていく仕掛けを見ていると、スルスルと消し込んで30cm超を追加。

全遊動仕掛け変更で35cm級連発

さらにヒットを狙っていると、アタリはあるがハリ掛かりしないことが続いたので、小型でも遠投性のいい「エイジアマスターピース01号」を使用した全遊動仕掛けに変更。

すると、この作戦が功を奏して連続ヒット。サイズは30~35cmが多く強い引きが楽しめる。

次のページで40cm級メジナがヒット!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。