今年占う初釣りサーフゲーム 40cmマゴチ&60cmシーバスと好発進

今年占う初釣りサーフゲーム 40cmマゴチ&60cmシーバスと好発進

昨年は思うような釣果が出なかったが、新年を迎えて心新たに大漁祈願を兼ね、1月5日に愛知県田原市の表浜へサーフゲームに出掛けた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・藤田和也)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

当日のサーフゲームタックル

暗いうちに現地に到着し、早速タックルの準備を開始した。ロッドはNESSA・BBS1002MH、リールはカルディア3012H、PEラインはPEX8300m18lb、リーダーはフロロカーボンラインショックリーダー20lb、ルアーはビーチウォーカーハウルだ。

まだ暗い午前5時前から表浜の海岸の地形や波の状況を見て、沖へと流れているここぞと思われる場所で、大漁を祈願しながら70mほど初キャスト。何度もキャストを繰り返していくが、なかなかアタリは出ず、少しずつ移動しながらアタリを待つ。

待望のマゴチがヒット

しばらくキャストを繰り返すと、何かがルアーに絡んできた感じが。そのままゆっくり引いてくると、ガツガツ、ガツ~ンと大きく引き込まれ、続けてグイ~ンと力強くサオをひったくられた。

今年初アタリでヒットした獲物はどんな大物かと、心臓バクバクでリールを巻き続ける。波打ち際でグリンとヒラを打った獲物をライトで照らすと、まずまずの型のマゴチだ。

今年占う初釣りサーフゲーム 40cmマゴチ&60cmシーバスと好発進ハウルでマゴチがヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・藤田和也)

メジャーで検寸すると、ジャスト50cm。満足できる獲物となった。

早速獲物を写真に収めてから、すぐにキャストを繰り返す。やがて東の空が赤くなってきて荘厳な日の出を迎えた。しばらくしてボトムまでルアーをフォールさせ、少しずつアクションを加えながらスローリトリーブしてくると、ロッドを通じてなんとなく違和感を覚えた。

そのままリールを巻いてくると、リールを巻く手に何となく何かがついているような感覚だ。巻き上げると、ルアーには20cmほどのシタビラメが掛かっていた。早速フックを外して優しくリリース。

60cmクラスのシーバスがヒット

ここでルアーをハードルアーのアイマサスケ120裂波にチェンジし、少し沖へキャストして巻いてきて20~30m沖付近になった時に、ロッドにゴンゴンという大きなアタリが伝わってきた。グンとロッドが引き込まれて、またまた良型がヒット。

ドラグが鳴りロッドがゴンゴンと引き込まれ、慎重にリールを巻いてくる。波間に見えてきたのは、まずまずのシーバスだった。メジャーで検量すると60cm超。十分満足できるサイズであった。

今年占う初釣りサーフゲーム 40cmマゴチ&60cmシーバスと好発進ナイスサイズのシーバス(提供:週刊つりニュース中部版 APC・藤田和也)

その後40cm超のボラが釣れてすぐにリリース。時間を見ると帰宅予定時間の午前9時となったため、ここでロッドオフとした。

最終釣果

令和2年の初釣りは50cm超のマゴチ、脂のよく乗った60cm超のシーバスをキャッチし、幸先のいい釣行となった。

早速電話とLINEで妻と娘に釣果を報告。帰宅後マゴチとシーバスを、おいしい刺し身と煮つけ用にさばいた。今年はいい年になりそうだ!

<週刊つりニュース中部版 APC・藤田和也/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
表浜
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年1月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。