真冬の2days陸っぱり釣行 サビキでイワシにカゴ釣りでメジナ【千葉】

真冬の2days陸っぱり釣行 サビキでイワシにカゴ釣りでメジナ【千葉】

12月下旬「南房・鴨川港でイワシが釣れている」の情報に早朝から出かけた。真冬の陸っぱりサビキ釣りの結果は果たして。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週間つりニュース関東版 APC・大熊規男)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

南房・鴨川港でイワシ釣りに

明るくなってくると何やら小魚が掛かり始めた。車から降りて様子をうかがうとイワシが釣れている様子。暗い時には分からなかったがほかの場所も釣り人が多くいて、この魚を狙っている。

真冬の2days陸っぱり釣行 サビキでイワシにカゴ釣りでメジナ【千葉】鴨川港の様子(提供:週間つりニュース関東版 APC・大熊規男)

当日のサビキタックル

私も急いで準備、空いている場所で竿を出す。ピンクのスキンサビキ仕掛けにコマセカゴ。アミコマセを詰めて仕掛けを下ろす。

すぐに水面に群れが集まって、コマセカゴが水面にあるほど浅いタナでアタる。掛かる個体は15cmほどで、待っていると多数掛けにはなるが、やりすぎると仕掛けがぐちゃぐちゃになってしまう。

バッカンにイワシが溜まっていく。「時合いはすぐ終わるだろう」と思っていたが食いは一向に衰えない。群れが来たときはコマセがなくても釣れるほど高活性で休み休みやっていてもバッカン半分くらいになった。

泳がせでヒラメ狙い

漁師らしい人が小さな船外機艇を堤防につけてイワシを釣ってはイケスに入れて、ある程度釣ったら港外に出て行く。どうやらヒラメを狙うようだ。

泳がせ用の竿を用意して活きがいいイワシを付け、置き竿にする。しばらくしても変化はなく、上げてみるとイワシはグッタリしている。エサには困らないので取り替えて再投入。

昼近くまでやってみたがヒラメ狙いの竿にアタリはなく、イワシ釣りにも飽きたので納竿。この勢いだとイワシは当分釣れ続く様子。マイワシばかりで、持ち帰って丸干しにした。

▼この釣り場について
鴨川港

次のページは翌日に、大房岬の南ケイセンへ