ヒラマサジギング&カワハギ釣りの異種混合釣行 両本命手中【山口県】

ヒラマサジギング&カワハギ釣りの異種混合釣行 両本命手中【山口県】

昨年12月16日、蓋井島沖へ釣行。当日は、私がSLJ(スーパーライトジギング)、塚本店長は3本バリのカワハギ仕掛けでそれぞれ狙い、どうにかどちらも本命安打となった。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

ジギング&カワハギ釣りの異種混合釣行

おのおの釣りの好みが違うため、私はジギング、塚本店長はカワハギのエサ釣りという異種混合のむちゃなお願いを聞いてくれた安岡漁港のドリーマーズ・ハイ にお世話になり、午前9時出船。

ヒラマサジギング&カワハギ釣りの異種混合釣行 両本命手中【山口県】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

予報に反して波風が強く、シケ気味の中、水深20~25mラインを流す。 私は30~45gと軽めのジグを使ったSLJ(スーパーライトジギング)、塚本店長は3本バリのカワハギ仕掛けでそれぞれ狙うも、魚からの反応はない。

しばらく同様の釣法で試すも芳しくなく、風も強くなってきたので、深場のジギングメインのポイントへ移動。

ジギングで4kgヒラマサ手中

水深45mのポイントを数回流したところで、待望のファーストヒット。 無事取り込んだのは、4kgクラスのヒラマサ。

その後しばらく続けたものの、船長が2kgサイズのヒラゴを追加したところで波がより高くなって釣りづらくなってきたため、カワハギ狙いで風裏の浅場へ移動。

胴突き仕掛けで25cm級カワハギ

水深10~15mで開始。 早々に塚本店長はエサ取りのベラを連発。 私もSLJを試すも、ベラやフグなど。

しばらくすると塚本店長に待望の本命カワハギがヒット。 無事釣り上げたのは、25cmクラスの良型。

ヒラマサジギング&カワハギ釣りの異種混合釣行 両本命手中【山口県】カワハギ釣りで良型ゲット(作図:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

その後もエサ取りに悩まされながらも23~27cmをトータル4尾釣り上げ、午後2時に納竿。 結果、2人とも本命魚を釣り上げることができ、満足の釣果となった。

同船は夕方からの短時間釣行や、ファミリーや仲間うちでのチャータープランなど、手軽にオフショアゲームを案内してくれる。 詳しくは船長、またはシャーク長府店、新下関店まで。

<週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
ドリーマーズ・ハイ
出船場所:安岡漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。