サビキ釣り徹底解説 誰でも出来る【釣果を伸ばす3つの工夫】を紹介

サビキ釣り徹底解説 誰でも出来る【釣果を伸ばす3つの工夫】を紹介

初心者にも挑戦しやすく、ファミリーフィッシングの代名詞的なサビキ釣り。魚が回ってくれば釣果を手にすること自体は難しくないですが、より数を釣ろうと思えば仕掛け、誘い方など、さまざまな工夫が必要になる実は奥の深い釣りなんです。この記事では前半ではサビキ釣りの基礎知識を紹介。後半はどうすれば釣果を伸ばすことができるか、コツや考え方を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS関西編集部 松村計吾)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

サビキ釣りとは?

サビキ釣りは仕掛けに付けたカゴにアミエビなどのまきエサを入れて海中に撒き、魚を集め、その海中に撒かれたまきエサの中に、アミエビなどに似せた疑似バリ(エサを付けないハリ)を紛れ込ませることで、魚が間違って食べたところを釣り上げる釣りです。

サビキ釣り徹底解説 誰でも出来る【釣果を伸ばす3つの工夫】を紹介手軽さが売りのサビキ釣り(撮影:TSURINEWS関西編集部 松村)

魚の群れがまきエサに集まってくると比較的簡単に釣れるので、ファミリーフィッシングや初心者でも挑戦しやすい釣りと言えるでしょう。

ターゲットの回遊を予測する

ごく当たり前の話にはなりますが、どんな釣りでも釣りをするポイントに魚がいないと釣ることは出来ません。

サビキ釣りではアジやイワシ、サバなど回遊魚がメインターゲットになるため、ポイントに魚の群れが回遊してくるかどうかが釣果を上げるには非常に重要です。この回遊を予測するためには、「時期」・「時間」・「釣りをする場所」が鍵になります。

サビキ釣りの最適な時期は?

多くの魚種は水温が下がると自分たちの適水温を求めて水深の深い場所に移動する傾向にあります。サビキのメインターゲットである回遊魚も、水温の低い厳冬期や春の初めは沿岸部への回遊が減るため、シビアな時期です。

水温が上がり始める5月頃から小アジや小サバ、カタクチイワシなどが釣れはじめ、水温が高くなる夏~秋は様々な魚種の回遊が期待できるため釣果も得られやすくなるでしょう。その後水温が下がるにつれて回遊が減りますが、12月~1月前半ぐらいまではポイント次第では釣ることができます。

サビキ釣りに最適な時間帯は?

魚によって昼行性、夜行性の違いがありますが、日が沈みかける時間帯や、日が昇る時間帯。いわゆる「マヅメ時」は魚の活性が上がりやすく捕食行動を取ることが多いため、回遊の期待度が高くなります。

この時間を絡めて釣行すると、釣果を得られる可能性がグッと高くなるでしょう。

サビキ釣りで狙いたい場所

基本的には小魚のエサとなるプランクトンが多い、潮通しの良い港が狙い目になります。釣り座は回遊の通り道となる堤防先端が良いですが、潮の流れ次第では意外に港の奥まった場所にも魚が溜まる場合もあります。

サビキ釣り徹底解説 誰でも出来る【釣果を伸ばす3つの工夫】を紹介海釣り公園は初心者にオススメ(提供:週刊つりニュース西部版 編集部)

また、ポイントを選ぶ際はネットで釣果情報を得るのが実は一番手っ取り早いかもしれません。特に海釣り公園はHPで釣果情報を更新していることが多く、釣果の期待値が予測しやすいほか、設備やレンタルタックルなども揃っているので初心者にはオススメです。

次のページで基本的なタックルについて解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。