活きイワシの泳がせ釣りで68cm巨大マゴチお目見え【石川丸】

活きイワシの泳がせ釣りで68cm巨大マゴチお目見え【石川丸】

釣友の三浦さんと、12月21日に愛知県・南知多町師崎港の石川丸へ一緒に釣行することとなった。狙いは活きイワシを泳がせてのヒラメ狙いだ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・佐久間由郎)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ラストに小型ながら本命

活きイワシの泳がせ釣りで68cm巨大マゴチお目見え【石川丸】巨大なマゴチのせいでヒラメが小さく見える(提供:週刊つりニュース中部版APC・佐久間由郎)

そして、残り時間が40分ぐらいになった時に待望のアタリが。焦らずタイミングを待ち、ここだというところでアワセを入れる。ちょっと引きが弱かったので違う魚かなと思ったが、タモに収まったのは小型ながらも本命のヒラメだった。

最終釣果

その後にマゴチを追加して終了。当日の私の釣果は、自己記録となる68cm2.2kgのマゴチ1匹、普通の大きさ(笑)のマゴチ1匹、37cmのヒラメ1匹、ハマチ1匹。三浦さんは、残念ながら本命を手にすることができなかった。

今回は状況があまり良くなかったが、寒ビラメはこれからが本番。皆さんも高級食材を狙ってみてはいかが。

活きイワシの泳がせ釣りで68cm巨大マゴチお目見え【石川丸】釣った魚は帰船後神経締めにしてくれる(提供:週刊つりニュース中部版APC・佐久間由郎)

<週刊つりニュース中部版APC・佐久間由郎 /TSURINEWS編>

▼この釣り船について
石川丸
出船場所:南知多町師崎港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年1月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。