151名参加のタチウオジギング大会参戦レポート【神奈川・金沢八景】

151名参加のタチウオジギング大会参戦レポート【神奈川・金沢八景】

12月15日(日)、釣り具メーカーが主催するルアータチウオ大会に、東京湾金沢八景の船宿から参戦した。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

凄腕ぞろいのルアータチウオ大会

6時に集合。2隻出しで、女性5人を含む40人のタチウオフリークが集結し、満員御礼の大盛況だ。釣り座はくじ引きで決められ、私はA船の左舷胴の間に座る。

同船者は優勝経験がある高野さんや上位入賞経験がある射場さん、さらに、エキスパートの大沢さんや渡邉さんなど凄腕達が勢ぞろい。B船には、釣友の福田夫妻らが乗り込み、出船前から釣り談義に花が咲く。

「使用ルアーはメタルジグのみ、タチウオ3尾の合計重量で勝負」などのルール説明や「最近は好調で、いろいろな形やカラーのジグで釣れています。ジャークはアクションしすぎないショートピッチやただ巻きがいいですよ」のアドバイスがある。

タチウオ船団が集結し開会宣言

7時に出船。快晴だが沖に出ると北風が強い。8時、6船宿8隻・151人の参加選手が同じエリアに集結。海上で開会宣言と「全員で優勝目指して頑張ってください」というスタッフからの熱い思いが伝えられる。

湾奥の千葉沖を攻める船は、ここのところ好釣果がでているマリンスタジアム沖に向かい、残りは本牧の堤防際のポイントへ。

到着した期待のエリアでは、ルアーやエサ釣りの船で船団が形成されていてタチウオ人気がうかがえる。船長は、魚探をにらみながら入念な潮回り。

「水深は39mです。下から5mまで反応はあるから、海底を中心にやってみてください」の合図とともに、125g・オレンジ金のメタルジグを軽くキャスト、ショートピッチジャークで様子をみる。すると、左舷胴の間の木下さんが、船中1尾目の良型をゲット。

開始2時間で19尾手中

そして、海底から速めの誘いをいれていた私の竿にもガツンとバットから曲がる強烈なアタリ。1投目からいきなり90cmアップを手にしてひと安心。さらに、右隣の射場さん、渡邉さん、大沢さんと連続ヒットし好調なスタート。

私はモーニングタイムの活性が高い魚を狙って、速めのワンピッチワンジャークを試すと、これが大正解。毎投毎投、海底から5mほどでドスンとリールを巻く手が止められる快感。周りとオマツリしないように高速で巻き上げて抜き上げたのは、101cmの良型だ。

船中ではバタバタと本命が抜き上げられて、私も約2時間でメータークラス5尾を含めた19尾の良型をキープできて大興奮。

151名参加のタチウオジギング大会参戦レポート【神奈川・金沢八景】メーター超えのタチウオも(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

113cmドラゴンタチウオも浮上

潮回り後にドラマがあった。木下さんの竿が大きく引き込まれ、当日最大となる113cmのドラゴンが登場。さらに、飯島さんと野口さんにも同時に良型らしいヒットはあったが、残念ながらこちらはフックオフ。私にも強烈な引き込みが2回訪れたが、10分以上のファイトの末に上って来たのはメーターアップのエイでがっかり。

その後も、良型ぞろいで面白い釣りになったが、私は27尾釣ってもドラゴンには出会えないまま、13時にストップフィッシング。

検量は大型ぞろいのデッドヒート

全船が本牧漁港に集合して検量。弁当と飲み物が配られ、他船の釣友と情報交換しているうちに集計が終了、表彰式。どの船も良型ぞろいのデッドヒートだったようで、検量には次々に大型のタチウオが持ち込まれたようだ。

151名参加のタチウオジギング大会参戦レポート【神奈川・金沢八景】当日最大の1300g(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

キッズ賞とレディース賞、さらに上位入賞者を除いた船別のトップに賞品が贈られた後、順位と重量が告げられる。

151名参加のタチウオジギング大会参戦レポート【神奈川・金沢八景】キッズ賞は1665g(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

次のページで大会結果発表

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。