船カワハギ釣りで32cm肝パン浮上 合計20尾の満足釣果【釣吉丸】

船カワハギ釣りで32cm肝パン浮上 合計20尾の満足釣果【釣吉丸】

昨年の12月11日に、カワハギ狙いで大分市・細港の釣吉丸に乗船した。当日は、女性の初心者もいたが、20cm級を連釣しており、楽しめたようだ。筆者も32cmを頭に、合計20尾と満足できる釣果になった。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

釣吉丸でカワハギ狙いへ

大分船の釣果情報を見ていると、最近カワハギの写真を載せているので、大分市・細港の釣吉丸に連絡すると、ぼちぼち釣れているとのことで予約を入れ、昨年12月11日に釣行した。

私は5年ぶりのカワハギ釣りだ。

当日のタックル&仕掛け

船カワハギ釣りで32cm肝パン浮上 合計20尾の満足釣果【釣吉丸】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

当日は午前6時に港に行き、準備をしていると船のスタッフが来たので、クーラーに氷を貰って釣座を聞くと、左舷前から2番目となった。

船長が来たのであいさつをし、6時40分に出港。

「久しぶりなので釣り方を忘れているかも」など船長と話しながら、釣り場の馬場ノ瀬に向かう。

50分ほどで到着し、各自釣座で準備。この釣りが初めての女性の人に、スタッフが釣り方などを指導している。

初挑戦者にも20cm級カワハギ

皆さんの準備が終わると、船長から合図が出て釣り開始。

仕掛けを入れて底まで落とし、昔を思い出しながらやっていると、早速アタリがでてハリ掛かりした。

釣り上げると18cmで、肝がパンパンだ。エサをつけ直して仕掛けを入れると、すぐにアタリがあるが、13cmほどでリリースする。

女性の釣り人も少しずつ慣れてきたようで、20cm級を釣り上げて喜んでいた。しかし、5尾ほど釣ったところで、エサだけ取られてハリ掛かりが悪くなる。

ハリを小さいものに交換し、エサも小さくして釣ると、再びハリ掛かりし始めた。しかし、10時ごろから潮の流れが速くなり、アタリがなくなった。

少しゆっくり誘いをかけてもアタリはない。しばらく我慢の時間である。

肝パンの32cmカワハギ登場!

11時30分ごろ、再び潮の流れが緩くなるとアタリが出始め、私に強烈な引きでハリ掛かりしてきた。

ゆっくり慎重に釣り上げると32cmの肝パンで、船長にタモですくってもらう。釣れるサイズは20cm前後が多く、非常に楽しい。しかし、小さい10~13cmサイズが釣れたら、資源保護のためリリースしてほしい。

こうすることで今後も釣りができると思う。

たるませ・たたきなど、何とか昔を思い出しながら楽しんでいたが、午後2時に釣りを終了。

最終釣果

私の釣果は17~20cm5尾、20~25cm11尾、25~32cm4尾の計20尾。

女性の釣り人もよく釣っており「楽しい釣りでした」と話していた。

家に持ち帰って妻にさばいてもらうと、肝がパンパンで、刺し身で食べたが甘みがあって非常においしかった。

船長の話では、カワハギは1月末まで釣行するそうなので、皆さんもぜひ釣りに行きませんか。

私も再度挑戦するつもりである。

<週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜TSURINEWS

▼この釣り船について:釣吉丸
船カワハギ釣りで32cm肝パン浮上 合計20尾の満足釣果【釣吉丸】
この記事は『週刊つりニュース版』2020年月日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。