干物が似合うグラビアアイドル『吉野七宝実』 アマダイ釣って船上干し

干物が似合うグラビアアイドル『吉野七宝実』 アマダイ釣って船上干し

例年、10月ごろから始まる相模湾のアマダイが盛期を迎えている。今回挑戦するのは『干物が似合うグラビアアイドル』こと吉野七宝実さん。当日は女性や初心者でもすぐに試せる3つの工夫を実践。当日の模様は、釣り専門動画配信サービス「TSURIKO」でも配信中だ。

(アイキャッチ画像撮影:週刊つりニュース関東版・佐藤 理)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

その2『置き竿釣法(ほっとけメソッド)』

腕力のない女性や、慣れない初心者はさすがに終日の手持ち竿はキツい。そこで、紹介したいのがこの釣法。

集中力途切れてくると、つい竿先が下がったり、竿を持ち替えるとき上下に動かしてしまったり。「ここぞ」というときのために力を残しておくためにも有効。 オモリ着底後、しっかりタナをキープのは手持ちのときと同じ。

このとき、海底がフラット、または少しずつ浅くなっていくカケアガリだとタナをとりやすい。

干物が似合うグラビアアイドル『吉野七宝実』 アマダイ釣って船上干しタナを取った状態(撮影:週刊つりニュース関東版・佐藤 理)

オモリが海底に着くと、竿先の負荷がなくなり竿は水平になる→すぐに1~2m巻き取って竿先がオモリを背負う状態にする、この繰り返しだ。少しずつ深くなる場合、気をつけないと仕掛けがどんどん宙に浮いてしまい、アタリの機会を逃してしまうので要注意。

干物が似合うグラビアアイドル『吉野七宝実』 アマダイ釣って船上干し底に着いた状態(撮影:週刊つりニュース関東版・佐藤 理)

加工エサ&置き竿で30cm超アマダイ!

置き竿釣法を実践していると、タナを取り直した直後に明確なシグナル。すかさずロッドホルダーから竿を外して聞きアワせると「グングン」と下へ突っ込む鋭角的な引き。5mほど手巻きのあと電動リールのスイッチオン。

良型を期待しながら巻いてくると、やがてクルクルと円を描きながら魚影が浮いてくる。「えいっ」と抜き上げたのは30㎝超のまずまずサイズ。「殺気が伝わらなかったのがよかったんですかね?」と笑顔の吉野さん。しかも、特製エサを装餌しているときに食ってきた。アマダイは甘党?

干物が似合うグラビアアイドル『吉野七宝実』 アマダイ釣って船上干し30㎝超のアマダイをキャッチ(撮影:週刊つりニュース関東版・佐藤 理)

その3『チモトの装飾外し』

チモト(ハリの上)に付いている装飾「夜光玉」をはずしてみる。市販仕掛けのほとんどに集魚効果を高めるため、このアイテムが付いている。

ただ、ゲストやエサ取りが多い、またサバが回遊しているような日は、本命がエサを食う前にこれらがアタってしまい、アマダイのチャンスを逃すことにもつながる。ケースバイケースだが、夜光玉をはずし、仕掛けをあまり動かさずに待つことが奏功するときもある。

この日は全般的にアタリが少なく、この作業はおこなわなかったが、夜光玉がソフトタイプのものでないと、外れないことがあるので注意。

速い潮に対応してサイズアップ

体力が回復したところでラスト1時間は、再び竿を手に次の1尾を狙っていく。船長から「潮がめちゃ速いよ」のアドバイスに、思いきってタナを底上30㎝に設定。

ミチイトを少しずつ伸ばして、こまめに狙っていくと残り30分のとき竿を大きく引き込むアタリでサイズアップの3尾目。「今のは気持ちよかった~」と、きょう1番の笑顔を見せてロケは終了。

干物が似合うグラビアアイドル『吉野七宝実』 アマダイ釣って船上干しサイズアップで3尾目をキャッチ(撮影:週刊つりニュース関東版・佐藤 理)

次のページでアイドルが干物を作成!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。