シーズン先駆けメバリング 本命ヒットで春に向けて期待大【真鶴港】

シーズン先駆けメバリング 本命ヒットで春に向けて期待大【真鶴港】

シーズン初期のメバルが港内に入ってきているか確認するため、12月19日(木)、神奈川西湘の真鶴港からルアーで狙った。このところ気温の変動が激しくて、私の体は着いて行くのが大変。魚たちも不安定な気候に苦労しているのではないだろうか。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週間つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

真鶴港でメバリング

シーズン先駆けメバリング 本命ヒットで春に向けて期待大【真鶴港】真鶴港周辺略図(作図:週間つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

現地に到着したのは20時ごろで、満潮に向かって潮位は高くなり始めたばかり。目的地のスロープに立つとエッジまでは遠いが投げれば十分届きそうなので、ジグヘッドリグで探り歩いてみることに。

スロープの右端から左に向かってキャストする。反応がなければ、どんどん移動して距離を稼ぐ作戦。しかし、メバルの反応はないまま、左端まで来てしまった。

さらに、左側の水深があるエリアを探ってみるが、ここでも魚からの反応は伝わってこない。

ミノーで15cmメバルがヒット

シーズン先駆けメバリング 本命ヒットで春に向けて期待大【真鶴港】タックル図(作図:週間つりニュース関東版 神奈川・野地文雄)

復路はミノーでさらに広範囲を探ってみる。少し風が吹き始めたので、50mmサイズでも飛距離をだせる「ハードコアLGミノー50F」を用意。

着水直後、少しポーズを取る。波紋が消える頃合いを見計らって、ゆっくりと水面直下をリーリング開始。ときどき小さくトゥイッチを加えて、ミノーをノーズダイブさせる。

リーリングを再開するとコンッ!と小さなアタリ。そのまま巻き続けるとロッドが絞り込まれて魚は走りだす。

手前にスロープエッジがあるので、ロッドを立てて一気に巻き上げると浮き上がって寄ってきたのは、15cmほどの狙いの魚だ。

ちょっと小振りではあるが、この冬初のメバルをキャッチできて嬉しい。潮位が上げている段階でもあり、メバルがスロープエッジまで寄ってなかったのかも。

その後もフルキャストで遠めを狙い、同じようなサイズのメバルを2尾追加することができた。

春に向けて期待

まだ「本格的なシーズンイン」とは言えないだろうが、冬の楽しみを始めることができた。

これから少しずつ寒くなり、群れは港内に入り込んで来るだろう。そこからは春に向けて、サイズアップが期待できるようになるはずだ。

<週刊つりニュース関東版 神奈川・野地文雄/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
真鶴港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年1月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。