下流ヤマメ狙いのテンカラタックル&釣り方 実釣付き【埼玉・名栗川】

下流ヤマメ狙いのテンカラタックル&釣り方 実釣付き【埼玉・名栗川】

名栗川の下流で小規模河川ながら思わぬ大物25cm級のヤマメが登場。負けじとテンカラでも良型が連発したと共に、下流域での釣り方を紹介します。

小島満也

淡水小物、トラウト、バスを追うテンカラアングラー。週末は「裏の川」にいます。埼玉県在住。

×閉じる

淡水の釣り 渓流釣り

後日、良型を連発!

13日、私は再び名栗川下流域に向かった。森下さんが釣り上げたようなヤマメと出会いたいからだ。「出てくれよ」と願いながら、開運橋から約1.3km下流のレストラン前付近に午前11時頃入渓し、消防分署まで遡行する。

結果、午後3時までの間に22cmを筆頭に、計5尾の天然ヤマメをキャッチすることができた。

大物は手中に収められなかったが、6日を上回る好釣果に満足しつつ、退渓した。大物は次回に繰り越しだ。

<小島満也/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。